4月21日、阪神-巨人3回戦(東京ドーム)。

今日はメッセンジャー、マイコラスの両外国人投手の投げ合い。今日は福留が4番の仕事をして、阪神が快勝。連敗をストップさせました。


 

 

スポンサーリンク

阪神-巨人3回戦

福留があわやサイクル安打の活躍

昨日の中日戦、チャンスでことごとく凡退した4番の福留ですが、初回のチャンスで3ランホームラン。結果を出しました。

それどころか4安打の活躍で、3塁打が出ればサイクル安打という暴れっぷりでした。

(昨年も自身二度目のサイクル安打を達成していますが、三度目って記録にあるのかな?)

メッセンジャーの好投

130球、10奪三振の力投でした。

マテオ、桑原、高橋など、中継ぎ投手陣が連日のように投げ、登板過多になっていたので、8回まで投げて直接抑えのドリスにつなげたのは大きかったですね。

昨日、おとといと、先発投手がそこそこいいピッチングをしたけど勝ちがつかない(どこから逆転負け)試合が続いていたので、先発に勝ち星がつくのはよかったように思います。

鳥谷のエラーがまた出た

3回裏の巨人の攻撃、1アウトから中井、立岡が連続ヒットで迎えるのは3番の坂本。

次に控えるのは4番阿部という、非常に厳しい場面でした。

 

結果、坂本はイージーなサードゴロで、うまく行けばゲッツーかって感じでしたが、鳥谷が打球を弾いてオールセーフ。

思わずメッセンジャーも声を荒げる、最悪の結果となりました。

 

しかしながらメッセンジャーがなんとか踏ん張り、阿部の犠牲フライによる1点だけで切り抜けたのが今日の勝因といってもいいでしょう。

この場面、阿部にホームランはもとより、ヒットでも打たれたら、もしくは続くマギーに1本でも出てたら、展開が大きく変わったと思います。

そうなったらエラーがからんだだけに、タイガースサイドとして悔やみきれない感じになったと思いますが、ほんとにメッセンジャーがよくがんばりました。

 

【関連記事】

阪神の守備がひどい(下手)件について。原口、上本、北条、鳥谷みんな不安・・・。

 

毎回のようにこの記事を引用してますが、それくらい毎度、毎度守備のミスが出てるってことですね。

今日なんかまさにエラーにより投手への負担がわかりやすいカタチで出たのではないでしょうか。

 

鳥谷に関しては、サードに慣れてないからエラーが多いのか、そもそも守備に関係なく年齢的な衰えで反応ができなくなっているのか(去年、ショートでもひどい時期がありましたもんね)、そこらへんがどっちなんだろう?って感じで、前者ならそのうちエラーは減ってくなかと思うんですけど、後者だとやばそうです。

大和の投入

今日は5回裏から上本に代わって、大和が守備固めに入りました。

いつもに比べというか、通常の守備固めの概念からいうとかなり早い交代です。

 

さすがの金本監督も、最近の失策の多さに勝ちゲームでは早めにいっとこうとか思うようになったのかな。

(昨日の上本の守備に対してけっこう怒ってたから、それが要因だと思いますが)

まあ、現状では上本だけ代えてどうこうという感じでもないけど、大和の守備はやっぱ安心感がありますね。

 

いずれにしても、阪神の守備はやばいと思いますので、大和の有効活用は必須でしょう。

【関連記事】

阪神の守備がひどいのでちょっと考えてみた→やっぱ大和いるんじゃない?

まとめ

今週とか特に感じてたことですが、最近は開幕直後の打線の勢いはなくなっているように思います。

今日は初回に福留の一発が出て、うまく勢いづいて主導権をにぎった感じですが(何よりメッセンジャーがいいピッチングをした)、点がそれほど取れなくなってきたときには、ますます守備の重要性が浮き彫りになるというか、先日の中日でいやというほど痛感したと思いますが、少数失点差のゲームでのエラーほどダメージが大きくなります。

というわけで、いずれにしても守備力は高めていかないとと思うんですけど、どうなることやらという感じですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

 

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。