5月19日阪神−中日7回戦(神宮)。

先発は岩貞と原樹里。伊藤隼太、高山にそれぞれソロホームランが出ましたが、今日は特にいいところがなく負けた感じです。8回裏のバレンティンのホームランが痛かったです。

 

阪神の弱点→守備、左の代打

昨日、今日と連敗してしましたが、5月に入ってから絶好調の阪神タイガース。

勝ちまくってるし、まったくなんの問題もないのかというとそんなこともなくて、まず守備力の弱さが挙げられます。

まあ、これは今までに散々書いてきたことなので、ここでは割愛。
(しかし、大和の先発出場が続いていると思っていましたが、今日は外れましたね)

 

で、その次に思い当たるのが、左の代打です。
(まあ、他にもいろいろあるかもだけど)

桧山引退以後、左の代打の切り札的な存在がおらず、以降は狩野など右バッターが切り札的な存在となっていました。

 

左右関係なく切り札的な選手がひとりいればそれで充分かなと思ったりしましたが、やっぱいたらいで心強いですよね。

そういう意味で、昨年元ロッテの大松が自由契約になったときに、左の代打枠で獲りにいってもいいじゃないのかなと思ったりしましたが、ヤクルトが獲得しちゃいました。

 

というわけで、現状のチームを見渡したところ、消去法的に伊藤隼太がいいんじゃないかなと思ったりしました。

今日、代打ホームラン打ったので、あらためてそう思ったりしたわけですが

伊藤隼太プロフィール

出身地 愛知県瀬戸市

生年月日 1989年5月8日(28歳)

身長/体重  177 cm、83 kg

右投左打 ポジション 外野手

中京大中京高校・慶應義塾大学出身

2011年 ドラフト1位

【これまでの成績】
http://npb.jp/bis/players/81185135.html

 

大学4年次に日本代表の4番を務めるなど、華々しい活躍をした伊藤隼太。

だからこそドラフト1位となったわけですが、入団時の期待からするとかなり伸び悩んでいる感があります。

 

入団1年目の開幕戦で、マートンのケガもあって開幕スタメンを獲得。

ちなみに、「阪神の新人外野手が一軍の開幕戦でスタメンに起用された事例は、1972年の望月充以来40年振り」だったそうです。

 

調子のいいときは爆発的な打撃をするんですけど(昨年も1試合4安打を打った試合もありましたね)、簡単にアウトになるときも多く、何より守備が下手で、ライバル云々以前になかなかレギュラーに定着できない感じが入団以来続いています。

 

そこで、ってこともないんですけど、空きのある左の代打枠に伊藤隼太がいいじゃないかなと思いました。

まあ、まだ20代だし、代打に収まるというのは本人的には微妙かもしれませんが。

あとは先発出場していないときの糸原ですが、やはりまだ安定感がないというか、ちょっと荷が重いように思います(といって、伊藤隼太が安定感があるってことでもないですが)

まとめ

と、こんな話題を書いていたら、伊藤隼太のトレード記事を本日発見w

(※リンク貼ってましたが、リンク切れのためURLを削除しました)

 

ロッテ、中日の下位に低迷する球団の補強案として、他チームでくすぶっている選手をピックアップしていますが、伊藤隼太が候補筆頭くらいの勢いで記事になってましたw

確かに、2軍で5割近く打ってたら食指を動かされると思うけど、レギュラーで使うとなると守備の問題があって、パリーグにいってDHでとなるとよっぽど打たないと厳しいし、なかなか難しいんじゃないかなと思ったりもします。

 

というわけで、今の阪神の左の代打の切り札としては最適と思うんですけど、上のリンクは勝手な妄想記事なんで実現性はないかもだけど、他チームで活躍する機会が与えられるなら、それもいいと思うし、応援したいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村