6/18阪神−楽天3回戦(甲子園)。

先発は小野と岸。小野が見違えるような投球をしましたが、打線が沈黙し、1点差に泣きました。あとは微妙なところで守備の差も出たように思います。

スポンサーリンク

6/18阪神−楽天3回戦

小野のフォアボールが激減

今日の小野は見違えるようによくなっていました。

何より、まずフォアボールがほとんどなくなりました(1つだけ)。

 

7回1失点という内容で、普通なら勝ち投手でもおかしくないんですけど、今日は相手投手の岸も抜群で、今回もプロ入り初勝利はならず・・・。

ただ、今日のようなピッチングを続けていけばそのうち順番は回ってくると思うので、次回以降もがんばってほしいです。

【関連記事】

【6/11阪神−ソフトバンク】阪神・小野、郷里の福岡でプロ入り初勝利ならず。

岡島のタイムリーで楽天が先制

6回表、先頭バッターの9番岸を打ち取った後、1番の島内にこの日最初のフォアボールを小野が与えたところでちょっと嫌な感じがしましたが、続くペゲーロにライト前に運ばれ、ワンアウト1、2塁。

ここで岡島の当たりはショート前の強い打球で、打った瞬間ゲッツーかと思いまいたが、糸原が後一歩届かず、センター前のタイムリーになってしまいました。

 

これを責めるのはちょっと糸原には酷かもしれませんが、上手いショートだったら捌いていたと思うので(一歩目の動きが遅かった)、ここはちょっと痛かったですね。

でも、本職ではない糸原をショートで使っているのは首脳陣で、チームの方針として今の布陣がしかれているので仕方がないんですけども。

楽天・セカンド藤田が好プレー連発

もともと守備の達人ですが、今日もいいプレーをしていました。

特に7回裏、ノーアウト・ランナー1塁の場面で原口のセカンド横の当たりを飛びつき、グラブトスでショートにボールを送り、ゲッツーを取ったプレーはかなりのファインプレーでした。

 

上の糸原のケースといい、この球際の一歩の差が大きいと思うんですけど、今日はそれが如実に出た感じの試合となりました。

俊介の一打がサヨナラホームランと思いきや・・・

9回裏は楽天のストッパー松井裕樹が登板。

ツーアウトから代打の大和、糸井が連続ヒットで、一打同点、さらには逆転の場面をつくって、このところ勝負強いバッティングを見せている俊介が代打で登場しました。

 

初球のストレートを打って、レフト線ぎりぎりの飛球を打ちましたが、惜しくもファール。

ポール際、目視ではどっちかわからんくらいギリギリの打球だっただけに残念ですが、最後はあえなく三振で、ゲームセットなりました。

まとめ

最後のカード、勝ちこしたかったですが、交流戦はトータルで勝ち越し。

欲をいえば切りがありませんが、交流戦は五分で十分という考えだったので上出来だったと思います。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村