6月17日、東京10R相模湖特別(1000万下)に出走したアルジャンテ(4歳・牝馬 ルメール騎乗)は2番人気で3着。

さくっと勝ってほしかったという思いはもちろんありますが、骨瘤など中間が万全でなかったことを思うと、まあ及第点ではないでしょうか。

画像:シルクホースクラブ(調教中のアルジャンテ)

スポンサーリンク

アルジャンテ近況

現在の成績・血統

8戦3勝 [3-1-0-4]

 父ディープインパクト

母ナイキフィバー(母父フェイヴァリットトリック)

相模湖特別(1000万下)

過去の3勝はすべて左回りの1400m戦で、まさにベスト条件だったわけですが、今回は最後外に出せず、馬場の悪い内側を走らされる結果となりましたが、最後なんとか伸びて3着は確保しました。

 

昨年夏場を休養にあて、復帰戦500下、そして1000万下と連勝し、年明けの1600万下でいきなり2着した実力を考えると正直ちょっと物足りませんが、現状ではよくがんばったと思います。

 

前走後に骨瘤が出てしまい、徐々に収まって大丈夫となったところで今回の出走となったわけですが、まだ足元がパンとしないところがあるので、そのへんもきっちりしてから次走に出てきてほしいです。

陣営コメント

C.ルメール騎手「もう少し良いポジションで進めたかったのですが、スタートしてからのスピードがゆっくりで位置を取ることができませんでした。直線もエンジンが掛かるまでに時間がかかって、ようやくトップスピードになった時にはもうゴール前でした。この馬の力を出すには1,600mの方が良いと思いますし、新潟の長い直線が一番良さそうな気がします」

尾関知人調教師「内目のあまり馬場が良くないところを通されて可哀想な形になってしまいましたが、その中で3着に踏ん張ってくれたのは、力を付けてきている証拠だと思います。ジワーッと加速していくタイプなので、ルメール騎手がもう少し距離があった方が良いと言う気持ちは分かるのですが、距離を延ばすと余計に瞬発力を求められる形になってしまう可能性もありますから、判断が難しいところではあると思います。優先出走権を獲ってくれましたが、骨瘤のこともありますし、この後のことは厩舎に戻ってからの状態を見て、どうするか判断したいと思います」

※シルクホースクラブHPより

小関調教師がいうように、ルメールのいう「1,600mの方が良い」は現状ではなんともいえないというか、懐疑的な感じではありますが(コースは違いますが、前走1600mのうずしおSで大敗してますし)、新潟はあうと思うので、次の新潟開催を狙ってほしいですね。

 


他馬の近況

去勢してたレッドイグニス

シルクではなく東サラの方ですが、数日前のメールで初めて知ったんだけど、レッドイグニスが去勢してた。

6月9日のメッセージの最後に「※なお、鹿戸調教師と協議を行っており、本馬は気性面の改善を促すために去勢手術を行うことも視野に入れています」と一言あって、次の14日に「13日(火)に去勢手術を行いました。手術した後も経過は良く、順調に来ています。膝の方は腫れも少しずつ引いて来ているので、この後も無理をせずケアしながらゆっくり進めて行きます」と来て、ちょっとびっくりしました。

(そもそも9日のメッセージをちゃんと読んでなかったから、よけいにびっくりしました)

 

実力的には上のクラスでも全然できる馬だと思うので、早いとこ500万下を抜け出してほしいです。

その前に、順調に戻ってきてください。

レッドラウダは得意の1000m戦へ

この時期、コース、距離は走るので楽しみです。

まだ1ヶ月ちょっと先ですが、期待してます。

セダブリランテスはラジオNIKKEI賞(GⅢ)へ

短期放牧から先日帰厩。

重賞はやっぱりテンションが上がります。

グラドゥアーレとラグナアズーラ

未勝利馬のこの2頭は、とにかく早く勝ち上がってほしいです。

泣かず飛ばずな成績だと、この時期くらいになるとさすがに諦めモードになってきますが、2頭とも何度も2着に来てるだけに、なんとか1つ勝たせてあげたいです。