怪物オルフェーヴルの産駒が今年デビューし、そのトップバッターとして先日新馬戦に登場したモカチョウサン(牝2、美浦・中舘英二厩舎)。

デビュー戦は4番人気で4着の同馬ですが、血統表に登場する馬名が、気性が荒いことで知られた馬ばかりの“怪獣配合”ということで話題で、実際に血統を見ていると、なんかすごいことになっていました。

※画像はオルフェーブル募集時の写真

スポンサーリンク

モカチョウサン

プロフィール

父 オルフェーヴル

母 プジュリ(母父ダンスインザダーク)

生年月日 2015年4月3日

調教師 中舘英二 (美浦)

馬主 チョウサン

生産者 坂東牧場

通算成績1戦0勝 [0-0-0-1]

※成績は2017年6月26日現在

5代血統表(net.keiba.comより)

サンデーの3×3とゴールデンサッシュ・サッカーボーイ3×3

以前、キョウヘイについての記事で「サンデーサイレンスの3×3 」について書き、3×3のインブリード以上でG1を勝った馬などを紹介しましたが、なんとこの モカチョウサンは3×3のインブリードを2つも内包しています?! 

 

関連記事

 

上の記事でも、サンデーサイレンスの血がこれだけ蔓延していると、「サンデーサイレンスの3×3 」も今後はそう珍しくなく出てくるといったことを書きましたが、さすがに3×3を2本も持っている馬が出てくるとちょっと驚きました。

しかも、もう一本の3×3が、名牝ダイナサッシュの兄妹のサッカーボーイとゴールデンサッシュ

(ということで、ダイナサッシュの4×4でもあるわけですね)

 

サッカーボーイは現役時代の末脚と、種牡馬になってからはナリタトップロード、ヒシミラクルなどのG1馬を輩出(マイラーだった自身の現役時代とは違い、長距離に強い産駒を多数出しました)。

一方、妹のゴールデンサッシュは、ステイゴールド、レクレドールなどのお母さんとして有名です。

デビュー戦は4着

この血統でどんな走りをするんだろうと多くのファンの注目を集めましたが、以外と最後の直線もしっかりと伸びてきて、新馬戦としてはまずまずの走りでした。

 



まとめ

母父ダンスインザダークにオルフェーヴルを付けるのもなかなかやなと思いますが、そこへサッカーボーイとゴールデンサッシュもかぶってるって、なかなか狂気というか、確かに“怪獣配合”だと思います。

 

今後、モカチョウサンがどんな活躍をしてくれるか楽しみですね!