7/12阪神−中日14回戦(甲子園)。

先発は秋山とバルデス。一時4-1と3点差をつけられ、ちょっと厳しいかなと思いましたが、今日は打線がいい感じでつながり、同点においつき、ついてには逆転。大和が大活躍してくれたことが個人的にはうれしいです。

スポンサーリンク

7/12阪神−中日14回戦

大和が大活躍

最近、ショートで先発出場することが多い大和ですが、今日は打席でも大活躍しました。

1打席目はランナー1塁の大山をホームに返すレフト線の長打で、6回には満塁のチャンスで同点打となる2点タイムリーを放ちます。

 

大和の場合、守備だけでも十分チームにとっては大きな貢献になるのですが、打撃もそこそこしぶといところがあるのですが、まさに今日はそれが全面に出た感じです。

 

で、最終打席はツーアウト・ランナー2塁のチャンスの場面。

ピッチャー又吉に代わっていて左打席での登場となりましたが、ここも見事な流打ちで、決勝のタイムリーとなりました。

 

当サイトでは、ずっとショート・大和を押していましたが、それだけによけいにうれしいですね。

(最近は糸原もいい感じなので、糸原も使いたいですけど)

 

【関連記事】

阪神の守備がひどいのでちょっと考えてみた→やっぱ大和いるんじゃない? 

ついに大和がスタメン!鳥谷が6試合連続打点、福留決勝タイムリーで阪神貯金10。

中谷が3安打

今日は福留がお休みで、中谷が4番に入りました。

その期待に応え、3安打の活躍。6回のタイムリーもですが、最後の打席のライト前もいいバッティングというか、引っ張るだけじゃないのがいいところです。

秋山がホームラン2本を打たれる

初回のゲレーロのツーランはまあしょうがないとして、大島の1発はもったいなかったですね。

初回以降立ち直っていいピッチングをしていただけに、惜しい1球となってしまいました。

 

本人も言っているようですが、さすがに疲れがあるようで、もっともよかった頃のようにはなかなかいきませんね。
 
 
日本の野球を変えた100人〜明治・大正・昭和・平成ベースボール人物誌〜(野球雲9号) [ 雲プロダクション ]

大山→代打・高山

今年のドラフト1位から昨年のドラフト1位への代打となりました。

ライトポールぎわに大きな当たりを打ちましたが、昔どこかで野茂も言ってましたが、「三振前のバカ当たり」というか、大抵こいう大きな当たりの直後はアウトになるパターンが多く、今回の高山も三振でした。

⇩⇩⇩プロ野球観るなら⇩⇩⇩

スポナビライブ

まとめ

今日は大和に尽きますね。

昨日、上本が大活躍して、今日は大和で、この2選手が大好きな僕としてはうれしい限りです(中谷も活躍しましたけどね)。

 

こんなにいい感じで続けて勝つと、なんかオールスター休みに入るのがもったいないような気もしますが、まあファンはいつも勝手なこといいますからね。笑

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村