8/27阪神− 巨人19回戦(東京ドーム)。

先発は復活を期す藤浪と新人の畠。もう今日は藤浪がどんなピッチングをするか、そこが何よりの焦点でしたが、今日はいいピッチングをしました。時折抜け球もあり、完全復活とまではいかないまでも、かなりよかったと思います。ただ、誤算は畠も同等かそれ以上によかったこと。今日は藤浪に勝たせてあげたかったなあ・・・。

 

スポンサーリンク

8/27阪神− 巨人19回戦

藤浪復活⁉︎

とりあえず、ストライク先行のピッチングができていたのがよかったです。

初回のツーアウト1、2塁のピンチで村田を打ち取ったのをみて、今日はいけるかもとちょっと思いましたが(悪い時はここで1本打たれて、ずるずるいってしまうパターンも少なくなかったので)、その期待に応えてくれました。

 

右打者の外角に150km代のすばらしいストレートがいってたし、スライダーでもストライクを取れてたし、今日のピッチングだと先発としてローテーションに復活してくれそうです。

(時折、抜け球もあって、そこが完調とはいけないところだけど。ただ、見てる分にはそんなに気にするレベルではないと思うけど、あとは本人のメンタル次第でしょうか)

村田に抜け球でデッドボール

6回まで無失点できて、7回阿部を打ち取ったあと、村田にデッドボールを当ててしまいました。

見ていた阪神ファンのほとんどの人が、ここでちょっと嫌な雰囲気になったと思いますが、その予感があたって、このあと代走の重信が2盗をきめ、直後に亀井が均衡を破るタイムリー。

そこからワイルドピッチ、長野に四球となったところでピッチャー交代となりました。

 

まあ、この交代はしょうがないと思うけど、このあと桑原が打たれたのが痛かった。

ベンチも今日の藤浪を見て、なんとか勝たせてやりたいと思ったからこそ、最少失点でしのぐために桑原の投入となったと思いますが、それだけによけいに残念でした。

畠がナイスピッチング

それにしても、畠がよかったです。

昨日みたいに阪神が序盤で点を取っていれば、展開もまた違ったと思うんですけど、幸か不幸か、藤浪がいいピッチングしたときに限って、最高の投球をされてしまいました。

 

今年のドラフト2位ですが、巨人目線でいうと来年以降が楽しみな投手が出てきましたね。

阪神のドラフト2位の小野も素材は負けてないと思うので、早よ一勝目を上げてほしいです。

 

まとめ

藤浪は最後、村田にデッドボール当てたあとに崩れてしまったので、その点がちょっと心配といえば心配ですが、復活の兆しは見せてくれたので、次回以降の当番にも期待です。

とりあえず、勝ち星をつけてあげるのが何より自信になると思うので、次は復活勝利となることを願ってます。

 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村