結果にコミットするでおなじみのRIZAP(ライザップ)が料理教室をオープン。

名前はRIZAP COOK(ライザップクック)といいます。

 

2016年11月1日に、東京都目黒区自由が丘にコミット型料理教室『R-COOK』がオープンしました。

その運営を通じて、独自の短期習得型のメソッドをブラッシュアップし、新たにRIZAP COOK(ライザップクック)として池袋店が2017年8月17日にオープン。9月には吉祥寺店、銀座店がオープンする予定です。

スポンサーリンク

RIZAP COOK(ライザップクック)とは?

RIZAP COOK(ライザップクック)は、運営元の健康コーポレーションの言葉を借りると、 一流の料理人がマンツーマンで指導する「コミット型クッキングスタジオ」 です。

 

え、普通の料理教室とどう違うの?ってところが気になるポイントだと思うけど、RIZAP COOK(ライザップクック)の特長は以下の通り。

  • 一流の料理人がマンツーマンで指導
  • 調理の一部ではなく、全工程を一人で体験
  • 完全オーダーメイドのプログラム
  • 料理技術を「見える化」
  • 和食・洋食・中華・抵糖質料理が学べる
  • オンラインレッスンに対応

ひとつずつ見ていきましょう。

一流の料理人によるマンツーマン指導

ライザップ自体がパーソナルトレーナーによる個別指導を特色とし、そのプライベートジムならではの行き届いたサポートが魅力になっていますが、RIZAP COOK(ライザップクック)も1対1の指導が基本となっています。

指導に当たるのは三ツ星レストランや有名旅館の元料理長をはじめ、飲食業界で経験を積んできた一流の料理人たちで、そんな 凄腕の方々のレッスンを1回80分、マンツーマンでみっちり受けられます。 

 

その次のチェック項目「調理の一部ではなく、全工程を一人で体験」にもかかわってきますが、生徒は自分一人しかいないので、当然すべての作業を自身の手で行うことになります。

一般的な料理教室だと、最初に先生が調理するデモを見て、あとは4~5人くらいのグループに分かれて、枠割分担ごとに各自が調理に取り組むといった感じだと思います。

調理中に先生が各グループのところに先生が周り、つどアドバイスを送るというのがよくあるケースですが、RIZAP COOK(ライザップクック)の場合、 先生は常につきっきりで、その全ての工程を自分一人で手がけます。 

なので、当然、毎回のレッスンが濃密なものとなるわけです。

マンツーマンの指導だからできること

1対多数と、マンツーマンって「学ぶ」という視点から見ると大きな違いが出てくるわけですが、何が一番大きく変わると思います?

 

まず一つ挙げられるのが、「わからないことがすべてその場で解決できる」ということ。

グループで調理する場合、自分がすべての工程を体験できず、 自分が手がけたところ以外は「具体的に、何をどうするのか、しっかりと理解できていない」 ことが多いです。

 

もちろん、先生の最初のデモは見ているので、だいたいの作業工程は理解していると思いますが、いざそれを自宅で再現しようと思うと、細かい部分で「ここ何入れるんやったけ?」みたいな感じで、わからないことが多々出てきます。

料理に限った話じゃないですが、それくらい自分で体験している/していないかの違いは大きく、特に技術の習得ということに関しては、その体験の有無はさらに大きな差を生みます。

その点、RIZAP COOK(ライザップクック)は先生と一対一で調理に取り組むので、すべてを自分で体験できるのはもちろん、わからないことや疑問点があれば、その場でそのつど聞くことができます。

他の人に気兼ねする必要なく、なんでも気軽に質問できるのもRIZAP COOK(ライザップクック)の魅力のひとつ。 わからなことをその場で解決する 、これってけっこうデカイと思います。

 

だから、知識・技術が身につきやすく、自宅でに再現性も高いわけですが、万が一自宅でわからないことがあれば、オンラインレッスン(後述します)もあるので安心。

RIZAP COOK(ライザップクック)が短期間でしっかりと“料理ができるチカラ”を身につけられると自負する理由のひとつがここにあります。

 

▼▼公式サイトで詳しく見る

【RIZAP COOK】

完全オーダーメイドのプログラム

まったく料理ができないので、結婚を目標に料理ができるようになりたい!

将来自分のお店を持つ夢をかなえるため、ステップアップとして料理の腕をみがきたい。

フレンチのコース料理がつくれるようになりたい!

家族のために、美味しく、健康的な料理をつくれるようになりたい。

 

料理を上手くなりたい理由は人それぞれです。

RIZAP COOK(ライザップクック)では、 最初にカウンセリングを行い、誰のために、どんな料理をつくりたいのか、なぜ料理を上手くなりたいのか、といったことをヒアリング。 

それを踏まえ、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのプログラムが作成されます。

 

例えば、「包丁の使い方もまともにわかんない」って人と「将来的にはお店を開きたい」って人が同じプログラムで学ぶのは無理があると思いますが、それぞれの人にあわせた独自のプラグラム」を作り、それをマンツーマンで実践していくのがRIZAP COOK(ライザップクック)の強みです。

 

また、開業をめざしている受講生に対しては、メニューの考案やオープンの準備などのサポートまでも手がけてもらえるようで、このバックアップ体制は心強いですね。

料理技術を「見える化」

プライベートジム、英語、ゴルフなど、これまでライザップが手がけてきた事業はどれも目標が数値として見えました。

2ヶ月で体重を10kg落とす、TOEIC®で200点アップさせる、ゴルフのスコアで80を切りたい、といった感じに、目標が数値化できたわけです。

 

でも料理はそういった数字はありませんよね。

まあ、ないからダメとかではないし、やってる本人は料理の腕が上がってるなとか体感的にわかると思いますけど、そこは結果にコミットすることにこだわるライザップです。

料理技術を「見える化」し、成長の度合いを客観的に見られるようにしました。

 

RIZAP COOK(ライザップクック)では、一流の料理人の監修のもと、料理の技術を言語化・細分化。

そして、40項目にものぼる観点で、それぞれの人の料理の「見える化」を実現しました。

まず大きくジャンル分けされたのが、下の4項目です。

  1. 知識 食材の切り方の種類、選び方など
  2. 下処理技術 包丁の使い方、食材の下処理など
  3. 調理技術 調味料の使い方、火加減の調理など
  4. 演出 盛り付け、食器選びなど

で、下のチャート図のような感じで、毎回のレッスンごとに対象者のスキルを数値化して目に見え湯ようにします。

で、見える化してなにがいいのかというと、 自分がいま何が出来ないのか、足りていないのかを客観的に判断できる ところです。

つまり、料理のスキルというのは例えば人間の体重のように「前回より2kg減った」というようなわかりやすい指標がないし、もっというと料理初心者の人はそもそも自分に何が足りないのか理解できてない場合が多いし、理解できていたとしてもそれを「ここがわからないんです」と言語化できないケースもよくあります。

 

それをトレーナーと生徒で共有できるように、料理の技術を言語化・細分化し、そうすることで出来ているところ・出来ていないところが明確になるわけです。

明確になる=自分がわかっていない点・出来ていない点が自分で理解できるというわけで、そこがわかると取り組むべきことも見えてくるし、何を質問したらいいのかもわかるようになります。

自分のレベルや足りていないところが自分でわかれば成長の速度はアップするわけで、このメソッドを確立するあたりが結果にコミットするライザップらしいところです。

 

▼▼公式サイトで詳しく見る

【RIZAP COOK】

抵糖質メニューが学べるのもライザップならでは

最初のヒアリングによって、日本食を中心に学びたい、フレンチのコース料理を作れるようになりたい、といた要望を伝えることができ、それに応じてRIZAP COOK(ライザップクック)ではさまざまな料理を学ぶことが可能です。

で、ライザップらしいのが、和洋中だけではなく、低糖質の料理も学べるところ。

 

炭水化物を中心とした糖質をカットし、たんぱく質が豊富に摂れる鶏肉、魚、大豆製品、野菜などをメインにもってくる低糖質メニューの基本です。

その定義ややってはいけないこと、糖質を10g以下になるように設定されたメニューの伝授など、しっかりと低糖質メニューを学べます。

 

 

ちなみに、僕はライザップに通ったわけではないけど、ライザップ関連の本を読んで、低糖質ダイエットにチャレンジしてみました。

といっても、昼間は普通にカレーとかも食べるし、夜もビールとかは飲むというゆるゆるのもので、ルールとしては夜の白ご飯だけは抜きしました。それだけで、数週間で3~4kgは痩せました。

ちなみに、若いときは174cmで60~62kgくらいで、近年は67~68kgくらいになってたんですけど、昨日量った最新のデータでは63kg後半でした。

 

まあ、個人差もあるので一概には言えないけど、僕みたいなゆるゆるな糖質制限でも多少の効果はあったので、しっかりとした低糖質メニューを身につければ、効果もさらに期待できるんじゃないでしょうか。

 自分のダイエットをはじめとする健康管理はもちろん、メタボ気味の旦那さんを昔の姿にもどしたい、子どもに健康的な料理を食べさせてあげたい 、といった方にもオススメです。

 

※ライザップの詳細はこちらから

▼▼公式サイト

30日間無条件全額返金保証/ライザップ

RIZAP COOK(ライザップクック)のオンラインレッスン

一流の料理人の調理する様子を動画に

しっかりとした調理技術を身につけるには、正しい練習をくり返し行うことが大切です。

そらまあそうですよね。

 

でも、教室でトレーナーの指導のもと調理をしているときは上手くできるけど、自宅で一人でやると思うようにいかない、なんてことはよくあるし、誰もが心配するところでしょう。

そこで、RIZAP COOK(ライザップクック)では、トレーナーが調理する動画を収録し、それをオンライン動画で見られるようにしています。

正しい技術を何度もくり返し見て自分のものにする。レッスンと自宅でのこの反復練習が、着実に料理のスキルを高めていってくれるわけです。

自宅の練習課題をこなし、写メで報告

 

また、レッスンで学んだスキルを効率よく習得するために、毎回練習課題が与えられます。

自宅で取り組んだ課題を写メに撮って報告し、その評価やアドバイスを毎日トレーナーがフィードバック。

ここでは教室で学んだことを振り返りつつ、自分一人で調理に取り組むわけですが、一人だとつまずく箇所が出てきます。

これを即座に報告し、フィードバックを受けるという反復練習が、しっかりとしたスキルの定着につながっていくわけです。

 

受験勉強でもなんもそうですが、出来るところを何度やってもあまり意味はないですが、出来ない箇所をチェックし、その出来ない部分を何度も反復することで出来るようになります。

料理初心者の方は、その「出来ない部分」が多すぎるので、自分が何が出来ないかも自覚できないわけですが、基礎から丁寧に学ぶなかで出来ることを増やしていき、一つひとつ出来ないことを減らしていくイメージですね。

 

ちなみに、 写メによる報告&フィードバックは毎日が基本ですが、「初心者なので最初のころはそんなにがっつり難しい」とか、「仕事が忙しいので」といった方には無理強いはせず、そこは臨機応変に対応 してくれます。

 

▼▼公式サイトで詳しく見る

【RIZAP COOK】

RIZAP COOK(ライザップクック)の料金・価格は?

気になる価格は、もっとも短い2ヶ月(全10回)のコースで298,000円(入会金は別途50,000円)。※価格は税別

こちらの価格設定(=2ヶ月で298,000円)は、英語やゴルフなど、他のライザップスクールと同じです。

 

一般的な感覚でいうと、2ヶ月で30万ちょっとのお金は大きいと思います。

ただ、内容を考えると一概にそうともいえないでしょう。

 

某料理教室の月謝制の費用が月1回で約5,000円。

コースなどによっても料金が変わりますが、上記を基準にすると、月3、4回通った場合は15000~20000円くらいかかることになります。

 

仮に1ヶ月15000円で3回通ったとして、36回で180,000円。

それだけ通ってまったく料理が上達していないってこともないと思いますが、料理教室ではグループワークが基本です。

今日は野菜のカットだけ、炒め物だけ、といった感じに全工程の一部分だけを教室で体験することになるわけで、それの賛否はおいておくとして、先生とマンツーマンで全工程を手がけることと比べると、自身が体感する中身の濃さの差は言わずもがなでしょう。

1レッスン約3万円じゃないという話

ただ、「10回で298,000円だと、1回約3万円か~」って声も聞かれそうですが、上でも見たようにRIZAP COOK(ライザップクック)にはオンラインレッスンがあります。

基本毎日、自宅でのレッスン&フィードバックがあるわけですが、 料理に限らず特定の分野の専門家の方にオンラインとはいえ、アドバイスをもらえるのは大きな利点 です。

 

スカイプなどでのメンタリング(通話による相談・サポート)などはないので一概に比較はできませんが、プログラミングやデザインなんかを学ぶweb限定のブートキャンプでも、1ヶ月か2ヶ月のコースで12万~20万くらいはします。

本人のやる気次第ですが、オンラインレッスンは2ヶ月のあいだ基本毎日で、教室での直接指導10回。そう考えると、設定されている金額決して高いわけではないことが見えてくると思います。

時間をお金で買っている

 

月15,000円の料理教室に、RIZAP COOK(ライザップクック)と料金的に同じになる20ヶ月通ったとします。

どっちがどうと比較するのは難しいですが、仮に双方で同じスキルが身につけられたと仮定してみてください。

 

同じ料金で同じスキルが身についたとしたら、違いはそこまでにかかった時間です。

単純に2ヶ月でスキルが身につけば、1年半ほどで習得するより大きなメリットがあるわけですが、教室に通うとなると前後の時間も含め、けっこうな拘束が生じます。

毎週通うのが楽しく、教室に行くこと自体が一種の目的みたいになってる場合はいいと思いますが、純粋に「料理のスキルを上げたい」という場合、かかった時間はなかなかのコストになるでしょう。

 

もちろん、2ヶ月間で効率よくスキルを学ぶ場合、その期間はけっこう大変でしょうし(逆の言い方をすると充実している)、本人のがんばりも必須となりますが、そのぶん時間のロスは防げるわけで、個人的にはこれけっこうデカイと思います。

高いからこそ本気になるという心理

あと、これはちょっと下世話な話ではありますが、高いお金を払ったから本気になって取り組むという効果もあります(ライザップが必要以上に高いということではありませんので、悪しからず)。

 

例えば、禁煙をしたい人がいたとして、自分の心の中だけで「今日から禁煙」と宣言するのと、家族や友人に向かって禁煙することを公言し、「もし吸っている姿を見たら飯奢ります」と約束したとすれば、禁煙が成功するかどうかはおいとくとして、少なくとも後者の方が自身の意識は高くなり、成功率は高くなるでしょう。

 

これといっしょで、一般的な料理教室よりも高額のRIZAP COOK(ライザップクック)に入会するということは、 周りに「わたし本気で料理を学びます!」と宣言している ようなもんです。

また宣言するだけじゃなく、自分の身銭を切っているわけで(それも大きなお金を)、いやがおうでも本気度は高まるでしょう。

1回数千円の教室とかだと、ちょっと今日はやらないといけないことも多いし、体調も優れないし、面倒だから休もうかなと怠けの虫が心の中に出てきたら負けてしまい勝ちですが、そこは「高いお金払ってるんだから」と考えるとがんばれると思います。

 

なんだ、結局そんなお金の話かよと思った方もいるかもですが、けっこうこれは重要なポイントで、ユニクロで買ったシャツが汚れてもあまり気になりませんが、2万円で買った好きなブランドのシャツが汚れると焦りますよね。

すぐに汚れが落ちないか画策すると思うし、後日クリーニングも行くでしょうし、そこで特殊な処理が必要だといわれれば、金額を聞いて悩んだりもするでしょう。

つまり、愛着のある高品質のアイテムだとそれだけ能動的にあれこれ考え、行動するわけですが、それと同じで料理教室でも 「高い金額を払ってるんだからがんばろう」「絶対は元は取って、料理が上手くってみせる」と気合が入る わけです。

 

ちなみに、料金は分割払い(月9,900円~)にも対応しています。

詳しくはHPなどでご確認ください。

▼▼公式サイトで詳しく見る

【RIZAP COOK】

RIZAP COOK(ライザップクック)店舗・アクセス

現在東京に4店舗を展開(2017年9月現在)

店舗は今のところ東京の4店舗がオープンしており(銀座店は9月29日オープン予定)、今後さらに店舗を展開していくようです。

東京以外の地域でも店舗がオープンするのが楽しみですね!

自由が丘店

【住所】〒152-0035 東京都目黒区自由が丘 2-20-7-202

【最寄り駅】東急東横線・大井町線 自由が丘駅より7分

池袋店

【住所】〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-22-2 FLCビル6F

【最寄り駅】池袋駅より徒歩3分

吉祥寺店

【住所】〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-1-7 吉祥寺DMビル2F
【最寄り駅】中央・総武線 吉祥寺駅より徒歩3分

銀座店

【住所】〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座 7F
【最寄り駅】東京メトロ 銀座駅 C8出口から徒歩2分、東京メトロ 銀座一丁目駅 5番出口から徒歩2分、JR 有楽町駅 中央口から徒歩3分

RIZAP COOK(ライザップクック)はこういう人に向いている

とりあえず料理初心者の人

初心者からお店のオープンを考えているような調理師の方まで、あらゆる人が対象となりますが(そのためのオーダーメイドプログラムです)、より2ヶ月間で大きな変化が見られるのが初心者の方です。

「ほとんど料理をしたことがない」「今までずっと料理が苦手だった」といった人でも一流のトレーナーたちが「包丁の正しい握り方」といったところから丁寧に指導してくれるので安心です。2ヵ月後、劇的に変わった自分と出会えると思いますよ。

とにかく短期間で料理が上手くなりたい人

料金・価格の項目のところでも書きましたが、「時間をお金で買う」イメージです。

RIZAP COOK(ライザップクック)は2ヶ月間で10回のレッスンと、その間毎日オンラインレッスンを行い、徹底して短期でのスキルアップを図ります。

 

例えば、半年後に結婚して同棲生活が始まるからそれまでに料理の腕を上げたいといった短期の目標がある人や、とにかく効率よく学びたい人などは特におススメのプログラムです。

SNSで料理の写真を上げたい人

RIZAP COOK(ライザップクック)のカリキュラムの特色のひとつに、上達すべきスキルとして演出(盛り付け、食器選びなど)も入っていることが挙げられます。

味付け、調理技術、栄養バランスといったポイントはもちろん、演出の部分までしっかりと指導してもらえるので、一見プロが盛り付けたかのような見栄えのいい演出が身につけられます。

 

家族の喜ぶ顔はもちろん、友だちとのホームパーティーなどでも驚き、喜ばれるはず。

最近では手がけた料理をインスタグラムにアップしている人もよく見かけますが、自分でもびっくりの出来栄えに、毎日インスタに上げるのが楽しくなるかもしれませんね。

また、レッスンを通じてレパートリーも増えるので、その観点からもSNSへの投稿は充実するはずです。

まずは体験レッスンでRIZAP COOK(ライザップクック)を体感

3000円で受講できる体験レッスン

ここまでRIZAP COOK(ライザップクック)のことについてあれこれと紹介してきましたが、やっぱ自分で体験しないことには本当のところはわかりませんよね。

元も子もない話ですが、まあ事実です。

 

そこでオススメなのが1回3,000円で受講できる体験レッスンです。

(初めてご利用の方のみが対象)

こちらで実際のレッスンの様子を実体験し、ライザップ流のプログラムを体感してみてください。

また体験レッスンとは別に、無料カウンセリングを受けることも可能です。

 

体験レッスン、無料カウンセリングは公式サイトから申し込みできますので、下のリンクをご参照ください。

▼▼公式サイト

【RIZAP COOK】

30日間無条件全額返金保障

他のライザップグループの教室と同様、RIZAP COOK(ライザップクック)でも30日間の無条件全額保障制度があります。

以下、公式ホームページの

RIZAP COOKは、料理上達に対して、絶対的な自信を持っています。
開始時には、理想のクッキングスキルについて目標設定を行い、その目標に向かってプログラムを設定します。
いかなる理由でも、レッスン結果にご納得いただけない場合は全額を返金いたします。
お客様に安心して、最高のクッキングライフの第一歩を踏み出していただきたい。それが私達の思いです。

※全額返金保証
①全額返金制度の申請は、初回トレーニング日より30日以内(当該日が営業日でない場合はその翌営業日とします)に行うものとします。
②全額返金制度の申請は、必ず来店のうえ書面での手続きを行うものとし、電話その他での申請には応じかねます。
③全各項の規定に関わらず、会社が販売する全ての物品については、全額返金保証の対象外です。
④全額返金制度を利用した場合、以降本スクールの諸施設を利用することはできません。
※公式HPより

 

通ってみて、万が一思っていたのと全然違う、ここでは料理のスキルを身につけることはできない、と思ったら、1ヶ月以内だと上記の全額返金保障が受けられます。

この制度は、それだけプログラムに自信があるということの表れだとも思いますが、本当に万が一「自分にはあわない」と思うことがあれば金額保障があるので、その点でも安心して始められます。

最後に

RIZAP COOK(ライザップクック)はまだスタートしたところですが、今後全国にどんどん店舗も広がっていくでしょう。

これからの展開が楽しみですね!