9/12阪神−巨人20 回戦(甲子園)。

先発は藤浪と田口。前半で阪神が5点を取り、今日は久々に藤浪に白星がと思ったんですけど、そうは上手くいきませんでした。試合は両チーム一進一退が続き、結局延長12回引き分けとなりました。

 

スポンサーリンク

9/12阪神−巨人20 回戦

藤浪が死球から崩れまたしても勝利ならず

今日は打線がつながり、天敵・田口から序盤で5点を取りました。

藤浪は著し投球内容が悪いわけでもなかったので、今日はこれでなんとか勝ちは転がり込んできそうと思ってたけど、余った。

 

4回先頭の坂本にすっぽ抜けたボールが肩あたりに当たり、デッドボール。

ここのところの課題のすっぽ抜けての右バッターの死球がまた出た感じで、ものすごく嫌な感じがしました。たぶん多くの阪神ファンの人がそう思ったように思います。

 

案の定というか、そこから崩れてしまい、続く阿部はなんとか打ち取ったもののその後二盗され、続く村田にフォアボール。

ここまでは想定範囲内だったんですけど、続く亀井に打たれたのが痛かった。

逆にいうと、さすが亀井というか、ここで打つ/打たないの上下はかなり大きかったんですけど、してやられた感じです。

 

その後、長野にもタイムリーを打たれ、1点差となったところでピッチャー交代となりました。

シーズン序盤ならもう少し投げさせてもいいかなと思ったけど、終盤戦だし、今の藤浪の状況だと交代もしょうがないかなって感じです。

てか、その後出てきた石崎が後続をよく抑えました。

1番俊介・2番上本がいい働き

前も書いたけど、1番に入った時の俊介がいい働きをしてて、今日も相性のいい田口から二安打(トータル3安打)。

上本も体調が戻ったのか、ここのとろこバッティングが戻ってる感じで、今日は3安打といいつなぎを見せました。

 

てか、2回はツーアウトから藤浪が四球で出て、そこから俊介、上本、糸井、福留と4連打で3点を取り、見事な攻撃でした。

(この時点で藤浪勝ったと思ったんですけどね)

セカンド(上本・森越)の守備

上本は今に始まったことではないけど、守備固めで出てくる森越があんまし守備が上手くないのがミソですね。

前もエラーしましたが、今日の9回先頭の亀井のセカンド内野安打もエラーみたいなもんだと思います・・・。

 

ボール3で、不安全開だったドリスがなんとか内野ゴロに打ち取った後のプレーだっただけに、よけいに痛かった。

ドリス打たれて、また石崎のプロ初勝利が消える

ドリスもいまいちだったけど、上の森越のエラーぎみのプレーや福留の送球エラーなど不運な面もあって、9回に追いつかれました。

つい先日、桑原とマテオと打たれた時も書きましたが、最近盤石だったリリーフ陣が崩れるケースが目立ってきましたね。

(それにしても、同点にされた後のノーアウトのピンチをよく抑えたと思います)

 

んで、好リリーフを見せた石崎に勝ち投手の権利があったんですけど、全回のおなじケースといっしょで、またプロ入り初勝利のチャンスが消えてしまいました。

めげずにがんばってほしいと思います。
 

まとめ

試合は延長戦になって、一進一退が続きましたがどちらも決めてを欠いて結局延長12回引き分けとなりました。

後半は若干巨人が押し気味だったんで、まあよかったかなって感じですが、前半戦見ると完全な勝ち試合だったんで、ちょっともったいない気はしますね。

 

それにしても、藤浪の復活はまだ少し先のようです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村