本日は新潟メインの飛翼特別にレッドラウダが出走しました。

ハンデ戦で、ラウダは圧倒的なトップハンデの58kg。さすがに重すぎやろ!と思いましたが、案の定ゴール前でアタマ差かわされて、惜しくも2着に。1着は藤田菜七子騎乗の10番人気ベルモントラハイナ(牝6・和田道)でした。

 

スポンサーリンク

レッドラウダ 飛翼特別

得意の新潟1000mで惜しくも2着

レッドラウダは現状、直線の1000m戦しかまともに走らないので、今回は満を持した感じのレースでした。

しかも1000万下の条件戦で、力関係的にも必勝級、少なくともハンデが57kgまでだったら間違いないだろうと思ってたんだけど、まさかの58kg!!

 

頼むわーと思ったけど、結果的に51kgの馬に最後かわされたので、よけいに「せめてあと1kg軽かtったら!」と痛感させられました。

 

逆に、ゴール前アタマ差の接戦だったってことで、ハンデキャッパーがみごとな設定を行ったという見方もできないこともないけど、やっぱ見込まれすぎた気はしますね。

藤田菜七子が女性騎手年間最多勝記録を更新

で、勝ったのは藤田菜七子騎乗の10番人気ベルモントラハイナ。

最後かわされて悔しかったけど、なんか藤田菜七子ちゃんやったらまあしゃあないかと、ちょっと寛大な気持ちになれますね^^;

 

しかも、この勝利が今季12勝目となり、1997年に牧原由貴子元ジョッキーがもっていた 女性騎手のJRA年間最多勝記録を20年ぶりに更新。 

なんだか、ますますめでたいというか、まあええかって気になりました。

 

とかいいましたけど、ラウダには1000m戦しかないので、やっぱ勝っといてほしかったですけどね。

ひとまず、藤田菜七子騎手おめでとう!(今日は上手く乗ってましたしね)

ちなみに、馬券は取りました

レッドラウダの単・複の応援馬券と、あとはラウダから馬連で6枠以降の馬に流しました(いかにも来なさそうだったタイキパラドックスは外す)。

 

新聞を吟味したわけではなく、特に深く考えることもなく「直線1000mは外有利」ということで、自動的にラウダから6枠以降の馬に流しただけです。

 

そしたら人気薄の菜七子ちゃん馬が来て(馬連で56.9倍)、馬券的にはうまいこといきました。


さいごに

来週の同条件のルミエールオータムダッシュ(クラスは2つ上のオープン)がありますが、連闘するのかなあ?

状態次第だけど、元気だったらいってもいいかなと思うんですけどね。

 

ただ、今日は今回から装着したブリンカー効果もあったし、今後のことも見据えて、次は1200m戦とかにいくのもいいかもですね。

ひとまず、お疲れさまでした。

 

【こちらの記事もおすすめです】

↓ ↓ ↓ ↓

CHECK!>>一口出資馬に初めて藤田菜七子ちゃんが騎乗してくれた!