明日は第156回天皇賞(秋)ですね。

雨降りそうだし、全然当たる気がしないですが、じゃ、晴天やったら自信あんのかよってつっこまれるとそんなこともないんですけど、めげずに予想してみようと思います。

 

スポンサーリンク

2017天皇賞(秋)予想

傾向・血統

  • 前走2000m以下のGⅡで上がり3位以内、特に前走毎日王冠組
  • 東京芝2400mG1勝ち経験
  • 3歳馬、牝馬
  • ディープインパクト、ハーツクライ、キングマンボ系といった王道血統。特に米国型やミスプロ系の血を持つ馬

あとは東京2000mのコース特性上、内枠が有利というのもありますが、いずれにしても雨が降って馬場が悪化すると、これまでの傾向が活かされるのかどうかが謎なので、なんとも拠り所が不安定な感じではあるのですが、一応過去の傾向を元に予想を組み立てて見ます。

主流は毎日王冠組

主流ローテは毎日王冠で、上がり3位以内のリアルスティール、グレーターロンドン、サトノアラジンは必然的にピックアップされます。

中でも内枠で、外国人ジョッキーのリアルスティールは有力で、普通に考えたら一番軸には向いているように思います(怖いのは二走ボケくらい。あとは雨だけど、これは他の馬にもいけることなので)

 

あとは、内枠に入ったサトノクラウン、ネオリアリズムの外国人ジョッキーがいかにも怖い感じで、個人的にはすんなりサトノクラウン本命でいいかなと思ったんだけど、「重馬場になったらサトノクラウン」という声が上がっており、いかにもって感じすぎて、逆にそれがちょっと心配・・・。

(ネオリアリズムもいいんだけど、やっぱ前回一頓挫があって、札幌記念を使えなかったのが痛いなあ)

キタサンブラックとソウルスターリングをどうするか

いずれもデータにある「東京芝2400mのG1を勝った」馬です。

とくにソウルスターリングは「3歳・牝馬」も該当し、良馬場と中心馬に選んでもいいくらいだったんですけど、いかんせん雨があまりよくなかそう。

 

キタサンブラックとあわせ、オッズ的にもおいしくはなさそうなので、両馬とも切るまではできないけど、押さえ程度にしておきます。


まとめ

これまで名前が挙がっていなかった馬ではヤマカツエースが気になっています。

馬券的には、傾向に合致し、マイナスが少ないサトノクラウン、リアルスティール、グレーターロンドンを中心に、これまで名前の挙がった馬をからめたいと思います。

 

馬券の買い方はこれから考えますが、2-4の馬連でも14倍くらいあるから、まあまあおいしいな。