明日のアルゼンチン共和国杯(GⅡ)に出資馬のセダブリランテスが出走します。

というわけで、傾向とかに関係なく応援馬券を買おうと思いますが、一応、傾向とか探って、予想してみます。

 

※画像:シルクホースクラブ

スポンサーリンク

アルゼンチン共和国杯 予想

過去の傾向・血統

  • 前走で2000〜2200mを使っている馬。その中でも上がり5位以内
  • 前走が条件戦で上がり5位以内。特に若い馬
  • 4Lにグレイソヴリン系、ニジンスキー系、ファイントプ系の血を持つ馬

あとは、前走より斤量が上がる馬も調子がいいようです。

 

セダブリランテスは上記のどれにも当てはまらず、初距離(大幅な距離延長)、古馬との初対戦と、データ的には買う要素がありません。

まあ、でも出資している愛馬なので、データ関係なく買いますけどね。

データ的にはアルバート本命

データでいうとアルバートですね。

4ラインにニジンスキーいるし、全体的に来る傾向にほぼ該当しています。

逆にもし全然ダメだったら58.5kgの斤量が無理だったってことでしょう。

もしくは、騎手がへぐるか。

 

スワーヴリチャーズは3着までのような気がしますが、今回はメンバー手薄な感じなので、連にからんでもおかしくなさそうですが。

 

あとはソールインパクト、デニムアンドルビーとかでしょうか。

東京8レースにアルジャンテ出走

出資馬でいうと、明日の東京8レースにアルジャンテが出走します。

前売りで、現在3番人気。

 

上のクラスで1600万下で昇級直後に2着した実績もあるし、このクラスでは力上位と思うので、休み明けでいきなり一発があってもおかしくないと思ってます。

東京コースもいいし、あえていうと1600より1400が得意なところくらいと、あとは上位の相手関係でしょう。

 

セダブリランテスとあわせ、両方鞍上は戸崎ジョッキーなんで、いろいろ言われていますが、なんとか結果を出して欲しいところです。


まとめ

セダブリランテスがアルゼンチン共和国杯を勝つのはもちろん、連にからむのもデータ的には厳しいですが、自動的に応援馬券は買おうと思います。

 

なんとか先につながるような競馬をしてほしいですね。