WBC・2次リーグ第二戦はキューバ戦。負ければ終わりのキューバは、前回の対戦のときよりも全体的に迫力があるように思います。

日本×キューバ中盤までの戦い

先発は菅野

打たれた結果論ではなくて、いつもの投球に比べて甘い球の数が多かったように思います。

それでも途中まで2失点でがんばってたんだけど、最後に9番バッターに打たられたの痛かったですね。

(しかし、審判はインコース取らないですね)

 

この前の登板もだったけど、2番手で出てきた平野の安定感が光りました。

球数と当番間隔の問題がありますが、2イニングくらいまかせたい感じですね。

 

直接今日の試合に関係ありませんが、マウンドに行った権藤コーチを見たときにあらためて思ったんですけど、この年(78歳)になって代表のコーチやってるのすごいですね。

ベイスターズの監督で優勝したときからでも、もう20年近くなるなるんですね。時がたつのは早い。

好調の打撃陣

打撃陣はなんといっても山田の復調でしょう。

毎回テレビ中継に出てくる中居レポーターによると、稲葉コーチが「今日打ちますよ。ほんの少しの間を取り戻しました」とのことで、その言葉通り、現状ホームラン、二塁打、フォアボールと全打席出塁しています。

 

あとは、三番の青木が良し悪しですね。

個人的には、全体的に右バッターが多いのでダメだとは思わないんですけど、チャンスで回ったときにそこまで期待できない雰囲気なのが、ちょっと弱いところかなと。

(これを書いてる五回裏の攻撃で、ちょうどチャンスで回ってきました。結果は内野ゴロで1打点。粘りながら最低限の仕事をするのはさすがですね)

 

あと、筒香の勝負強さはハンパないですね。

ほんと、中田と筒香のどっちかがなんとかしてくれる感じで、見てて心強いです。

 

それと数日前に、いかにも9番の小林が弱いと書きましたが、バッティングでも活躍してますね。

低評価ですみませんでした。

 

試合は現在五回を終わって4対4。

リリーフ陣を比べると日本の方がコマがそろってると思うので、今日も劇的な勝利に期待です!

(爪楊枝のマルティネスは出てくるのかな)

 


プロ野球ランキング