準決勝、日本 vs アメリカ。テレビをつけたらちょうど菊池がホームランを打ったとことで、いい感じやんと思ったのですが、今回も残念ながら準決勝で敗退してしまいましたね。

準決勝日本×アメリカ

ミスが出ると厳しい感じに・・・

勝機は延長タイブレークの展開まで持ち込むことかなと思ったけど、そこまでいきませんでしたね。

8回表のアメリカの攻撃、ワンアウトランナー2、3塁のサードゴロで3塁ランナーがホームにつっこみ、タイミングは余裕でアウトだったけど、あわてた松田が打球をはじいてしまい、生還をゆるしてしまいました。

 

前日のオランダもそうですが、こういう一発勝負の試合になってくると、特にちょっとしたミスが勝敗を左右してしまいますね(上のプレー、一塁はアウトだったので、記録上はエラーにはなっていないと思うけど)。

 

ちなみに、9回に平野→宮西→秋吉という、一人必殺の投手リレーになりましたが、宮西が打たれた結果論でいうんじゃないんですけど、ここは平野一人でもよかったんじゃないかなと思いました。

結果的に上記のリレーでも0点に抑えましたが、投手交代がからむとそのつど時間が停滞するので、リズムがよくないと思います(よく投球のテンポ、守備のリズムと攻撃が連動するといいますが)。

 

勝っているとき、もしくは同点やピンチの場面での細かい継投はいいと思いますが、負けている展開でワンアウトを取ってランナーもいない状態で、左対左ということだけで変える必要があったのかなと。

(前も書きましたが、平野の調子がよさそうなので、続投でもよかったのではというのもありますが)

 

仮に平野一人で投げて、簡単に三者凡退に討ち取ったとしても、9回裏の日本の最後の攻撃の結果は同じだったかもしれませんが、9回表の継投を見ているといかにも重苦しく、雰囲気的に少なくともプラスにはなっていなかったんじゃないかと思いました。

最後は松田が三振

九回裏、最後のバッターは松田。

8回表の失点につながるまずい守備があったので、汚名返上のチャンスで、ここでホームランなんか打つとマンガみたいな展開でしたが、さすがにそうはいきませんでした。

 

しかし、メジャーの一線級抑え投手が次から次へと出てくると、さすがに厳しいですね。

(だからこそ、なんとか守りきってタイブレークまでもっていくと、勝機が見出せるかなと思ったんですけど)

その裏で、甲子園ではすごい好ゲームが

同じ時間帯の試合でかわいそうと思っていましたが、同時刻に行われていた東海大市原望洋-滋賀学園の試合。

両先発投手が好投し(解説の人いわく、回を追うごとによくなっている)、延長14回までもつれる大熱戦でした(最後、ちょっと点差が開いてしまいましたが)
東海大市原望洋のピッチャーは200球超えてたし、滋賀学園の背番号10のピッチャーも同じくらい投げてたと思うけど、すごい好ゲームでした。過酷な試合でもあったと思うけど。

 


プロ野球ランキング