センバツ甲子園、2回戦6日目第3試合、智弁学園(奈良)―盛岡大附属(岩手)。春連覇をめざす智弁学園ですが、そこに盛岡大附属の左腕・三浦くんが立ちはだかりました。

智弁学園(奈良)―盛岡大附属(岩手)

今日は1回戦最後の試合となった大阪桐蔭(大阪)-宇部鴻城(山口)、そして履正社(大阪)-呉(広島)と大阪勢が登場し、いずれも勝ちました。

見たのは途中からですが、呉のエース池田くんはいいピッチャーでしたね。

 

そして第3試合の智弁学園(奈良)-盛岡大附属(岩手)。

中盤まで智弁・松本、盛岡大附属・三浦の両先発投手の好投で試合はテンポよく進みましたが、6回裏にツーアウトランナーなしかから連続二塁打で盛岡大附属が先制。

 

次の7回裏、智弁からすると、前進守備を敷いてないのにゆるいセカンドゴロでホームに投げたのが痛かったですね。

気持ちはすごくわかるけど、ダブルプレーを狙う守備体型を選択していただけに、きょっと厳しい感じのプレーでした。

 

あとは小フライで失敗したいしたようなバンドが内野安打になったり、完全に流れが盛岡大附属になってました(この回トータル3得点)

 

9回裏の反撃

ノーアウト満塁という何かが起こりそうな展開になりましたが、けっきょくゲッツー崩れの一点だけで、5対1で盛岡大付属の勝利となりました。

 

この回も先頭バッターとなった1番のキャプテン福元くん。

ぜんぜん調子が出ず、これまでノーヒットでしたが、最後のヒットを打ったところにキャプテンとして、昨年の優勝メンバーとしての意地を見ました。

 

残念ながら奈良県勢は二校とも敗退となってしまいましたが、また夏に期待します。