WBC帰りの藤浪晋太郎投手が昨日のヤクルト戦で今シーズン初登板。

相変わらずのノーコンぶりで、今年もちょっと心配になりましたね・・・。

 

藤浪大乱調で、畠山にはあわや危険球退場も

4月4日の登板成績

投球回 5回

球 数 117球

打 者 17人

安 打 5本

本塁打 1本

四 球 8

死 球 1

この内容で2失点だと、よく抑えたというか、助かった方ですですよね。

それにしても、四死球9って・・・。

問題のシーン

5回表のヤクルトの攻撃。

バッター畠山のときに、藤浪の抜けたボールが後頭部付近に行き、左肩に当たったあとヘルメットにボールが当たりました。

 

これで両軍入り乱れての乱闘騒ぎとなるわけですが、複線としてというか、この日も藤波は乱調ぎみで、バレンティンに対してもインコースに危ない球とかがあって、そんな中、頭付近へのボールが来て、こらっ!ってなった感じではないでしょうか。

 

まあ、抜け球だし、故意に行ってるわけでもなさそうだけど、これだけノーコンで当たり前のようにデッドボールくらわせたら、相手チームも怒りますよね(しまも藤浪の場合、球威があるし)

スポンサーリンク

矢野コーチvs バレンティン

問題のバレンティンが矢野コーチを突き飛ばしたシーンですが、バレンティンが割って入ろうとしたら勢いで矢野コーチを吹っ飛ばしたみたいな感じに見えましたが(それに対して矢野コーチがジャンピングニーで反撃)、いずれにしても暴力はいけませんね。

でも、久しぶりに本格的な乱闘シーンが見られました。

下の記事に写真で詳しく説明されています。

バレ大暴れ!金本監督ブチ切れ/ 乱闘写真リプレー

 

ちなみに、ペナルティとしてバレンティンは罰金20万、矢野コーチは罰金15万をコミッショナーから言い渡されています。

藤浪はイップス?

それにしても、今後に不安を残す藤浪の初登板となりました。

WBCでまともに投げていなかったので、その調整不足を差し引いたとしてもひどかった。

 

乱闘劇も呼んで…阪神・藤浪“ノーコン悪化”はイップスか

ここではイップス疑惑もかけられていますが、ほんと精神的な部分を大きいような気がしますね。

去年か一昨年か、バッターが相手投手の際に実験的に投げ込んだストレートで感覚をつかみ、その後好投するようになったことがありましたが、あんな感じで、ちょっとしたきっかけで好転もするので、はやくそれをつかみ、輝きを取り戻してほしいですよね。

おまけ。9回表・上本→大和って?

ちなみに、9回表の守備についた阪神が、セカンドの守備を上本から大和に変えています。

8回裏に上本に打順が回り、もう回ってこないってことで大和に変えたのかもしれませんが、ビハインドの場面で守備固め?とちょっと疑問に感じました。

 

好意的に受け取ると、1点差だったので、この点差のままなんとか最終回を迎えい、ってことの表れでしょうか。

ただ、もしそうだとしたら、初めから大和でもいいんじゃないの?とかは思います。

【関連記事】

阪神の守備がひどいのでちょっと考えてみた→やっぱ大和いるんじゃない?

 

あまりにも守備がおそまつで、ここのところ上記のような記事を2つほど書きましたが、負けるゲームでも「終盤の1点差を守るのが大事」と考えるのであれば、ゲームスタート時からその視点をもってもいいんじゃないですかと、ちょっと思ってしまいました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村