4月6日、阪神-ヤクルト二3回戦(京セラドーム)。

阪神が立ち上がりの館山を連打で攻め立て、序盤で4‐1と優位にゲームを進めます。

メッセンジャーということもあり、このまま行くかと思いきや、こちらも制球がいまいちで、6回途中で降板。後続が打たれて同点となり、今期初の延長戦となりました。

原口のサヨナラホームランで阪神が勝利

今期初の延長戦へ

6回表のヤクルトの攻撃、4-2から同点に追いつかれた場面。

メッセンジャー→高橋→桑原の細かい継投でツーアウトまでこぎつけ、ランナーは1・2塁。

バッター山田が打った打球はフラフラッと上がって、結果的に糸井は追いつきながら捕球することはできず、2点タイムリーとなりました。

 

この打球に関しては、追いついていただけに捕ってほしかったし、捕れたとも思うんですけど、打撃であれだけ貢献してる糸井を責めるのは酷ですよね。

 

その後、両チームの投手がふんばり、同点のまま延長戦へ。

最後は原口がプロ入り初となるサヨナラホームランで阪神がなんとか勝利しました。

原口は大きく育てよう

原口は本質的には長距離砲というより、現状ではアベレージも残す中距離砲タイプだと思いますが、そうはいっても現状のタイガースではもっとも大きいのが打てる右バッターです。

チームもファンも、まさに昨日ような活躍を期待しているわけで、金本監督はよく「和製大砲を育てる」といっていますが、ほんと大きく育ててほしいものです。

 

なので、昨日も書きましたが、目先のゲッツーを恐れて原口バントとかやめてほしい。

まだまだシーズンも始まったところでもありますし。

佐々木千隼がデビュー

ロッテのドラフト1位ルーキー、佐々木千隼投手が昨日初登板。

初先発・初勝利をあげました。

 

阪神・金本監督がドラフトで佐々木千隼を1位指名しなかった理由とは?

ここで詳しく書いたのでくり返しませんが、仮に競合となって佐々木千隼にはいっといてほしかったです。

今後どこまでの投手になるかはこれからの話ですが、見てるかぎりやっぱいい投手ですよね。

まあ、阪神に来てもらえなかったのは残念ですが、チームに関係なく佐々木投手には活躍してもらいたいし、球界を代表するようなピッチャーになってもらいたいです。

 

阪神の話にもどすと、去年のドラフトを見て、金本監督が現状の思考でいる限り、この政権下でタイガースが強くなることはないかなと個人的にはちょっと悲観的な気持ちになりました。

佐々木云々だけの話ではなく、「場当たり的なチーム編成」「攻撃重視」などの方針からそう感じたわけですが、今年のドラフトはどうするんでしょうね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村