阪神-中日1回戦(ナゴヤドーム)。

今週は敵地での6連戦となる阪神タイガース。先発は岩貞とバルデス。開幕からイマイチ調子の出ない中日ですが、今日の試合はまさにその絶不調ぶりがうかがえる試合展開となりました。

 

阪神-中日1回戦

先発・岩貞が今期初勝利

これまでの二度の登板でいずれも初回に点を取られていた岩貞。

今日も初回にピンチを迎えましたが、4番ビシエドのライト前に落ちそうな飛球を本日福留に代わって先発出場した中谷がダイビングキャッチし、ピンチを救いました。

 

その後、8回途中までを投げ失点1(自責点0)。

調子の上がらない中日打線が相手とはいえ、上々のピッチングでした。

 

マテオ→ドリス

にしても、セットアッパー、クローザーのこの二人が安定しています。

特にドリスはシュートが使えるのがいいですね。

今日の試合ではこの二人以外の中継ぎを休ませることができたのも大きかったと思います。

 

4番原口、5番中谷

今日一番のトピックスはこれじゃないでしょうか。

休養の福留に代わってライトに中谷が入り、5番に。

繰り上がるカタチで原口が4番を務めたわけですが、生え抜きの若手二人(右の長距離砲)がクリーンナップを形成してくれると、なんだか感慨深いものがありますね。

 

中谷は一打席目の二塁打をはじめ、8回には決勝点となる外野フライを放ち、先発抜擢の期待に応えました。

いまのチーム事情だとなかなか難しいですが、ほとんどのファンが中谷をもうちょっと見てみたいとは思っているはずで、今後は福留、糸居を週1くらいのペースで交互に休ませて、その代わりに中谷を使うとかでも面白いかもしれないですね。

北条のタイムリーが効いた

3塁ランナー荒木が鳥谷の内野ゴロで本塁憤死直後、北条が右中間を破るタイムリー三塁打でファーストランナーをホームに帰しました。

1点差だったらまだどうなっていたかわからなかっただけに、これは大きかったです。

 

あと、久しぶりのスタメンだった北条ですが、最終打席でヒット1本出たので、気分的にもだいぶ楽になったのではないでしょうか。

ちょろちょろと出る守備のほころび

これまでに何度も書いてきましたが、今日も守備の乱れがいくつか出ました。

調子の出ない中日がそれ以上にまずい攻めをしていた感じだったので、結果的に大事にはいたりませんでしたが(タイムリーエラーがひとつあったけど)、やはり一年間通してこんな感じだと、なかなかしんどいところはあると思います。

【関連記事】

阪神の守備がひどい(下手)件について。原口、上本、北条、鳥谷みんな不安・・・。

 

開幕から15試合連続で先発投手に白星なしの中日

これ、なかなかすごい記録ですね。

記録は1969年の大洋(現・DeNA)の16試合だそうです。

 

今日のバルデスはそれなりにがんばってたと思いますが、いかんせん打撃陣の援護も全然ないし、中日のチーム状態が悪すぎる感じです。

 

久しぶりに岩瀬も見たけど、やっぱり苦しいですね。

スライダーの曲がりが多少良くなかったかな?って感じでしたが、全体的に厳しいですね。

今年で43歳だそうですが、よく見ると先発のバルデスも今年40でした。

 

打撃では、昨年はビシエドによく打たれてた印象がありますが、今はあんまし怖くない感じですね。

京田の足は魅力的だけど、なんか抜本的に立て直さないと、全体的に中日は厳しい感じで・・・。

なんとか盛り返して、セ・リーグ全体を盛り上げてもらいたいです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村