4月23日、阪神-巨人5回戦(東京ドーム)
昨日の試合に引き続き、今日もサウスポー同士の投げ合いとなり、阪神・横山と巨人・内海の投げ合いとなりました。

阪神-巨人5回戦

福留が3戦連続で初回に打点

今日も福留が初回にタイムリーを打ち、阪神が先制。
福留は三試合連続で初回にタイムリーとなりましたが(おとといはホームラン)、1番、2番が塁に出て4番が返すという理想的なかたちがこれだけ続くと、もうちょっと勢いが出てもいいのかなと思いますが、なかなかその後が続きません。

横山が先発

インフルエンザで登録抹消となった藤浪の代役として上がってきた横山が先発し、5回1失点という内容でした。
ゲームもつくったし、及第点の内容だったんじゃないでしょうか。

6回からスパッと交代させられ、継投に入りましたが、もう少し見てみたかった気もします。

1番中谷

今日は高山に代わり、1番レフトで中谷が入りました。
1席目、2打席目と連続でヒットを放ち、いずれも得点につながるなど、いい活躍をしました。
前も先発出場したときに書きましたが、誰を外すねんというところもあるのでなかなか難しいところもありますが、もう少し中谷を最初から見られる試合を増やしてほしいですね。

桑原→マテオ→ドリス

今期中継ぎとして活躍している桑原が6回から登板し、7回もと思いましたが、ツーアウト後にピンチを迎え、マテオに交代。
そのドリスがマギーを三振に打ち取り、8回のピンチも切り抜けました。

桑原→マテオ→ドリスの継投が確立してきたような感じですが、桑原2イニングは今後考え直していかないといけないでしょう。
敗戦処理的な使い方だったらまだしも、方程式的に起用するなら1イニング限定でいかないと遠からずパンクしてしまうと思います。

特に桑原は疲れがリフレッシュしているときの投球はすばらしい感じなので、上手いこと休ませながら使っていきたいですね。

 

それでいうと今日のマテオも1人早い段階での登板となり、回またぎとなりましたが、試合展開的にどうしてもしょうがないケースもあるとは思いますが、なんとか一人1イニングでいきたいところです。

阪神の守備

毎回のようにミスは出ていますが、今日も記録としてのエラーはありませんでしたが、細かいミスが出たように思います。

北条が弾いた坂本の内野安打も、うまいショートならアウトにしていたかもしれません。

 

特に北条とかは若いので、実践を積むなかで上手くなっていってくれればいいんですけど、いずれにしても今の守備陣で1年間戦うのは不安が大きいですね。

まとめ

相変わらず打線は低調ぎみですが、少ないチャンスをなんとか活かし(福留の復調が大きい!)、巨人に勝ち越しました。

そう思うと、よけいに今週前半の中日戦の負け越しは痛いというか、もったいなかったですね(中日のチーム状態がドン底だっただけに)

 

来週は甲子園でDeNAと中日の6連戦。

まだ調子の上がっていない2チームなので、なんとか勝ち越しのペースでいってほしいですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村