4月30日、阪神-中日の6回戦(甲子園)。

先発はまだ勝ち星のついていない能見とジョーダン。両サウスポーの投げ合いとなりました。恒例のようになっていますが、今日も阪神にエラーが出ちゃいましたね(しかもタイムリーエラー)。

阪神-中日6回戦(甲子園)

鳥谷が先発を外れて、サードはキャンベル

今日の一番のトピックスじゃないでしょうか。

昨日、そろそろ鳥谷を外すことを検討してもいいのではといった内容のことを書きましたが、さっそくそれが実現した感じです。

【関連記事】
糸井の甲子園初ホームランも、阪神・守備が乱れて(下手すぎる)痛い敗戦。

 

布陣はというと鳥谷の代わりにサードにキャンベル(6番)が入り、ファーストに原口(5番)。

どうなるかなと思ったら、サードに入ったキャンベルがさっそく1回表のワンアウト満塁のピンチでなんでもないサードゴロを弾いてタイムリーエラー。

 

鳥谷もたいがいやけど、そんな変わらんやん!というオチがつきました。

 

また別の回ですが、大島の強烈なサード強襲のレフト前ヒットも、グローブに当たっていただけに、上手いサードだとさばいていたかもしれない感じです。

 

キャンベルの守備も上手くない、というか不安

まあ、1試合見ただけであれこれいうのも時期尚早かもですが、はっきりいってキャンベルのサードも不安です。

これで打撃がめちゃくちゃよくて、3割20本くらい打ってくれるんだったら多少は目をつぶれるのかなと思いますが、見てる限りそんな打ちそうもないしな…(同じく、数試合だけで決めつけるわけにはいきませんが)。

 

いきなりタイムリーを打ったキャンベルですが、この前も書きましたが個人的にはあんまり信用してなくて、ゴメスをクビにして獲ったにしてはあまりにも迫力ないんちゃうんというのが正直な感想です。

 

ここから覚醒して打ちまくってくれたら言うことはありませんが、正直いまの感じだと1年で解雇かなと。

そう思うと、サードは育成も含めて北条を入れて、ショートに大和でいいんじゃないかなと思うんですけど、どうでしょうか。

 

大和にすると攻撃面が下がるという意見もありますが、現状出ている他のメンバーがすごく打っているのかというとそうでもないので、それだったら圧倒的に守備のいい大和を入れることで、課題のひとつである守備力を強化させるのも現実的な方策なのではと思います(大和も意外と勝負強い打撃しますしね)。

 

てか、7回に代打で出てきた鳥谷が、その後キャンベルに変わってサードに入るんかい!っていうつっこみもありますねw

キャンベルの扱いがこんなんだったら、ほんと大和の起用も考えてほしいもんです。

能見に勝ち星つかず

能見は初回がもったいなかったですね。

そのあとずっと0に抑えていただけになんとか勝ちをつけてあげたい感じでしたが、今日も勝ち負けはつきませんでした(交代前のイニングで、阪神がランナー3塁まで行ってたので、あこで一本出てたら勝利投手の権利あったんですけど)。

中継ぎの岩崎がいい

昨日のノーアウト2、3塁の場面から出てきて0点に抑えた場面もしびれましたが、岩崎が今日もよかったです。

というか、ここのところ投球が安定してきました。

 

マテオ、ドリスの両外国人とあわせ、桑原、岩崎が安定してるのは大きいですね。

特に両外人、桑原が右なので、左の岩崎が出てきてくれたのはチームとしても大きいと思います。

(あとは登板過多で、夏場にバテるのが心配なので、上手いこと使っていってほしいです)

まとめ

ミスの多いタイガースと、それだけチャンスがあっても大量得点につなげられないドラゴンズと、なんか調子がイマイチ上がってこない両チームの試合らしく、昨日同様、序盤に点が入って以降膠着状態が後半まで続きました。

最後、なんとか北条が決勝タイムリーを打って勝ちを拾いましたが、守備面の強化について、そろそろ本腰を入れて考えてもらいたい感じです。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村


プロ野球ランキング