5月4日阪神-ヤクルト(神宮)6回戦。

今日の先発は藤浪と石川。ヤクルト戦の藤浪というと大荒れのイメージがありますが、なんとか今日は先発の役割を果たし、打線も15安打と大爆発。久しぶりの大勝となりました。

阪神-ヤクルト6回戦(神宮)

1番レフト中谷

左の石川が先発ということもあり、昨日活躍した中谷が1番レフトで先発出場。
3安打1ホームランと結果を残しました。

たまに脆い面も見せますが、やっぱ中谷は使い続けて、大きく育ててほしいと思いますね。
レフト、ファースト、たまに福留お休みのときのライトとかで、たくさん試合に出てほしいです(ファーストの守備は心配ですが)

ちなみに、あと三塁打が出ればサイクル安打でしたが、その達成はなりませんでした。

4番福留が連日の活躍

中谷に続き、4番の福留も猛打賞で、ホームランも1本打ちました。
しかし、ライトフライかなって当たりでしたが、逆風にもかかわらずホームランになってしまうあたりが神宮球場の怖いところです。

梅野も2015年以来のホームラン

今日は梅野も打ちました。しかし、まだ打席数もそんなに多くない時期なのに、3安打しても打率が1割台っていうのもなかなかですが、たまにでいいので、今日みたいに打ってくれるとチームとしては助かりますね(せめて打率2割代前半は打ってほしい)。

ちなみに、梅野のあたりも大きい外野フライくらいの当たりでしたが、こちらは風の後押しもありスタンドへ。これも神宮球場ならではです。

藤浪が3勝目

藤浪のヤクルト戦というと、前回登板で大波乱となりました。
【関連記事】
阪神・藤浪、今年は大丈夫?初登板のヤクルト戦では大乱闘(バレンティン、矢野コーチ退場)のきっかけも

 

しかし今日は7回3分の1を投げ、1失点。

これだけ見るとナイスピッチングなんですけど、やっぱフォアボールが多いです。
四球の数は7で、そうなると当然球数も増えます(125球)。

なので、いい投球だったのかというと素直にうなずけない感じですが、藤浪らしいといえばそんな感じで、点差を考えると完投してもらたかったですけど、球数ふくめしょうがないところですね。

まとめ

今日は久しぶりに序盤から打線がつながった感じで、安心して試合を観られました。
原口が打てば先発全員安打でしたが達成できず、ちょっと原口の調子が心配です。

 

あと、前も書きましたが岩崎が安定しています。
ストレートがいいですね。桑原同様、登板過多を意識しながら、大事に使ってもらいたいです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村