5月9日阪神−巨人6回戦(東京ドーム)。

4試合連続完封が注目された巨人・菅野と、好調・阪神打線の対決を楽しみにしていましたが結果は阪神が菅野を打って6連勝。安定感抜群の秋山の好投も光りました。

阪神−巨人6回戦(東京ドーム)

菅野の連続完封を初回に打ち砕く

先頭の高山が技ありのツーベースで出塁し(いつも思いますが高山はインコースを上手くさばきますね)、北条が送って、糸井がタイムリーと絵に描いたような速攻で、あっけなく菅野の記録を打ち破りました。

(福留三振の後、後続がつながってもう1点取ったところが、いかにも打線の調子がいい感じです)

福留がツーラン

4回表に福留が快心の当たりでライトスタンドに放り込むツーラン。

マギーのソロホームランで3回裏に1点差にされた直後だったので、より一層大きな追加得点となりました。

 

それにしても今は糸井、福留のどちらかがなんとかしてくれる感じで、観ていても安心感があります。

秋山が好投で2勝目

前回登板のときも書きましたが、秋山が完全に覚醒した感じで、今日もいいピッチングをしました。

ほんとにこの感じだと二桁も行けそうな感じです。

 

てか、かなり好投してるイメージで、逆にまだ2勝目って感じですね。

しかし、相手の菅野のいい投球をしていましたが(今日は4失点しましたが)、好投手が投げ合うと必然的に試合のテンポが上がって、観ていても気持ちいというか、負荷が少なくていいですね。

巨人・石川がホームラン

マギーのホームランにより1失点に抑えていた秋山ですが、7回裏に伏兵・石川に一発を打たれました。

石川って初めてちゃんと見ましたが、なかなかいいバッティングでしたね。

 

ちなみに、石川は昨年オフにトレードで日ハムから来た選手。

巨人・大田、公文、日ハム・吉川、石川の例のやつですね。

 

この四人のなかでは吉川の実績が突出していて、圧倒的に日本ハムが損やんとネットでもいわれ、僕もそう感じていましたが、現状ではどっちがどっちともいえない感じですね。

 

ちなみに、今日の巨人の外野陣は、石川、立岡、長野。

ちょっと迫力がないというか、相手チームからしてみるとあまり怖くはない感じですね(長野の打率1割代というのもひどいですが、なかなか調子が上がってきませんね)

阿部が変則的なスライディングでアウトをセーフに!?

 

センターオーバーを放った阿部ですが、無駄なく打球処理をした糸井がダイレクトへ2塁に送球し、完全にアウトのタイミングでしたが、スライディングが手前でとまって、ブレーキがかかった後セカンドの糸原のグラブの上を足がかいくぐり、セーフに。

【参考記事】

http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54734541.html

偶然そうなっただけやと思いますが、阿部がうまいことやりましたw

ちなみに解説の野村謙二郎氏は「タッチのチェンジアップ」って言ってましたww

 

まあ、上記のプレーはしょうがないかなと思うところもありますが、糸原の守備も不安です。

(ショートよりセカンドの方がまだマシですが、全幅の信頼をおくにはまだ物足りません)

 

じゃあ、めちゃくちゃ打つのかというと、前に書きましたが打率は1割代前半で、ほんとこれだったら大和でええんとちゃうのと思ってるのは僕だけでしょうか。

(もちろん、糸原には期待しているし、成長してくれたらとは思いますが、現状のチーム事情で無理に使い続ける必然性もないかなと)

まとめ

天下の菅野に投げ勝って、秋山もまたひとつ大きな自信を得られたと思うので、次以降の登板も楽しみですね。

(ちなみに、巨人戦の勝利はルーキーイヤー以来、7年ぶりだそうです)

 

それにしても9回に代打で出てきた中谷のホームラン性の当たり、おしかったですね〜。

 

↓ポチっていただけると励みになります↓

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村