5月21日は東京競馬場で第78回オークス(G1)が行われます。

フランケル産駒の怪物ソウルスターリングが前走の桜花賞で土がつき、巻き返しなるかが注目されます(現在1番人気)。いつものように、傾向・過去分析を見てみます。

オークス予想

オークスの傾向・過去分析

【前走】

・桜花賞3着以内馬は、桜花賞以前に芝1600m以上で2勝以上していると崩れづらい。

・2000mを使っている馬

【血統】

・ディープインパクト産駒

・ヌレイエフの血を持つ馬

傾向該当馬

ソウルスターリング

フローレスマジック(ディープインパクト産駒)

ハローユニコーン(ヌレイエフ)

ディアドラ(ヌレイエフ)

ホウオウパフューム(フレイエフ)

ブラックスビーチ(ディープインパクト産駒&ヌレイエフ)

マナローラ(ヌレイエフ)

あとは、傾向としては昨日のレースとかを見てても、内枠有利という感じでしょうか。

本命はソウルスターリングではなく、フローレスマジック

傾向の中でもっとも信頼のおけるデータは、「桜花賞3着以内馬は、桜花賞以前に芝1600m以上で2勝以上していると崩れづらい」で、内枠も引いたし、普通にソウルスターリングから傾向該当馬にというのが普通なんですけど、ちょっとひねって本命はフローレスマジックにしようかなと思いました。

今回、ディープインパクト産駒はフローレスマジックとブラックスビーチの2頭しかおらず、前者は「前走2000m」にも該当し、枠も内目のいいところを引きました。

(それでいうと、ブラックスビーチは前走1800mのスイートピーSで、いかにも来なさそうですが、ヌtレイエフの血も入ってるのがちょっと怖い)

まとめ

まあ、データ的にも実績的にもソウルスターリングがあっさり勝ってもおかしくないんですけど、ひとまずはフローレスマジックからにしとこうかなと思います(オッズ的にも大きいし)。

あとは、桜花賞上位馬も本命馬からは一応おさえておきます。

 

オークスもだけど、新潟メイン・韋駄天ステークスのレッドラウダも気になってます。

ここのところは全然なので、なんとか得意の距離・コースで復活してほしいです。