5月23日阪神−巨人8回戦(甲子園)。

今日は今シーズン2度目の秋山 vs 菅野の投げ合い。今季の両投手の安定感して投手戦が予想されましたが、想像通りの気合の入った投げ合いとなりました。

阪神−巨人8回戦(甲子園)

秋山好投も小林に打たれる

ほぼ完璧といっていい内容だったと思います。

失点した7回表も簡単にツーアウトを取った後だっただけに、もったいない感じでした(しかも下位打線だっただけに、余計にもったいなかった)

糸井、福留がブレーキ

ちょっと仕事が忙しくて週末のヤクルト戦の記事が書けませんでしたが、そのときに書こうと思ったのが糸井、福留の不調についてです。

 

特に糸井はヒットすら出てない状態が続いてて、深刻だなと思っていましたが、今日の試合はまんまそんな展開というか、糸井・福留に一本出てたらって場面が何回かありました。

 

一時期は、上本、糸井、福留で勝ってたような時期があり、それが1年中続くわけがないので、好不調は仕方がないと思うけど、やっぱ中心を打つ選手が止まってしまうと厳しい感じです。

菅野のピッチングがすごかった

何度かチャンスがありましたが、ピンチでギアを上げたときの菅野はさすがというか、なかなか打てないですね。

特に味方が1点取った後の7回裏、ノーアウト・ランナー1、2塁からの三者連続三振は圧巻でした。

 

前に秋山に投げ負けてるし、2回連続で負けてられんっていう思いもあったのかもしれませんが、今日は気合入ってましたね。

それをチャンスで糸井が今までみたいに打ち砕いてくれてたら言うことなかったんですけど、いかんせん今絶不調だったんで、なんともならない感じでした。

まとめ

今日は菅野あっぱれという感じですが、秋山にも勝たせてやりたかったですね。

打線は高山がちょっと上がってきた感じですが、糸井がすぐに復調とまでいかなくとも、20打席以上ヒットがない状態を早く脱却してもらいたい感じです。
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村