5月24日阪神−巨人9回戦(甲子園)。

能見が前回登板に続き、いいピッチングというか、ほぼ完璧なピッチング内容でした。

一方、ファームで調整してきた巨人の吉川も能見に引けを取らない好投で、昨日の菅野と秋山のように終盤まで投げ合いが続くかと思いましたが、鳥谷に死球で思わぬ展開が・・・。

阪神−巨人9回戦(甲子園)

鳥谷が顔にデッドボールを受け、吉川が危険球退場

5回裏、先頭バッターの福留が3塁打を放ち、その後1アウト・ランナー3塁の場面で迎えた鳥谷の打席。

吉川の投球が鳥谷の顔面あたりに行き、危険球となりました。

 

膝をついて俯いたときに血が流れているのが画面でもわかったので(たぶん鼻血)、かなり心配しましたが、最終的に担架に乗らず自分で歩いていたので、そこまで深刻ではないかと思いますが、大事にいたらなければと思います。

能見が無失点で降板

1安打ピッチングだった能見は、8回のマウンドに上がり、代打・相川が告げられた時点で右の桑原に交代となりました。

 

桑原が打たれたから結果論的に言うんじゃないんですけど、心情的にせめてあと1イニングス投げさせてあげたかったですね。

巨人が連日の終盤での得点

投手戦が終盤まで続き、後半に巨人が1点をもぎとるという、昨日の試合をみてるような展開でした。
さすがに悔しいなあ。

上本が9回にカミネロからホームラン

遅きに失した感がなきにしもあらずですが、見事なホームランでした。

結果論になるかもですが、それだけに9回表の藤川の失点が痛かったですね。

 

てか、あの長野との対決した場面、最期ストレートばっかりだったのが見ていて疑問だったのですが(フォアボール出したくないってこともあったと思うけど)、全盛時だったらまだしも、見え見えすぎるストレートは打たれる確率はかなり高くなってるんちゃうん?って感じでした、フォークとか投げられなかったのかな。

(解説の有田修三が「真っ向勝負で打たれたらしょうがない」的なこと言ってたけど、オールスターじゃないし、満塁でもなかっただんから、もうちょっと配給を考える余地はあったんじゃないでしょうか)

まとめ

打線の調子は乱高下するので、いいときもそのうち落ちてくるし、だからこそ長期的に見ると守備を中心にという旨のことをこれまでに何度か書きましたが、ほんと今打線が絶不調です。

 

糸井は今日もヒットがなく、これで28打席連続ヒットなし。

中心の糸井がブレーキなのが痛いですが、他の選手も全体的に下がってきている感じで、調子がいいときは簡単に取っていた1点がかなり遠くなっています。

 

それにしても昨日の秋山といい、今日の能見といい、不憫ですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村