6/17阪神−楽天2回戦(甲子園)。

先発は青柳と今期絶好調の美馬。2対2の同点のまま終盤を迎え、阪神得意の継投で優位に試合が進むかと思いきや今日はマテオが乱調で、結果的には大敗となってしまいました。

6/17阪神−楽天2回戦

青柳がイマイチ

いつもこんな感じですが、もう少しフォアボールの数を減らしてくれるといいんですけどね。

まあ、5回2失点だから、ぎりぎりセーフという感じですが、この今の段階からもう一皮むけてほしい感じです。

中谷が技ありのタイムリー

2点ビハインドで、4回のワンアウト2、3塁で迎えたチャンスの場面。

楽天は前進守備はしかず、内野ゴロでも1点のケース。

 

追い込まれた中谷は、最後ちょこんとあわせるバッティングでセンター前にもっていきました。

(ツーストライク取られたときのスライダーのボール球を振ったときはどうなることやらと思いましたが)

昨日も最後の打席で、軽打してライト前に打って、これを続けたら率は上がっていきそうと書きましたが、追い込まれた後こういう対応ができたら、ほんと打率は上がっていきそうです。

【関連記事】
【6/16阪神−楽天】岩貞が好投で初登板の藤平に投げ勝つ。原口が決勝ツーランで連日のヒーローに。

原口が連日の打点

1打席目のチャンスではゲッツーを打ちましたが、ここ数日は次の打席でしっかり結果を残していたので、2打席目のチャンスの打席でも期待していましたが、きっちり結果を出してくれました。

勝負強い原口が機能してくるようになるとチームとしては大きいです。
欲をいうと、3打席目のチャンスでも勝ち越し打を打ってくれるとさらによかったんですけど、さすがにそこまで思うようにはいきませんね。

打線が低調

今に始まったことではありませんが、打線がここのところずっと低調ですね(逆にいうと、よくこれでここまで勝ち星を上げていると思います)。

調子がいいのは鳥谷くらいで、ここ数試合で中谷、原口が復調してきた感じですが、その意味でも得点源は5番、6番、7番で、今日もまさにそんな感じになってました。

 

一時期は上本、糸井、福留で点数を叩き出していましたが、もうちょい全体的に上がってきてほしいですね。

交流戦明け、糸井が戻ってきてくれたらいいんだけど。

茂木に代えて三好

7回表の楽天、ノーアウト1、2塁の場面で、1番茂木に代わって三好が出てきました。

 

サインはバントでしたが、結果はスリーバント失敗で三振。

結果論でいうわけではないですが、バントさせるのであれば茂木のままでもよかったと思いますが、どうだったんでしょうか。

桑原が好リリーフ

上の7回表のピンチ、ノーアウト1、2塁の場面で岩崎に代わって出てきたのが桑原。

ここから三者連続三振で、見事なリリーフでした。

(ベンチとしては同点だったので、延長戦も見すえて岩崎に7回も投げ切ってほしかったはずだから誤算だったでしょうが、ひとまず無失点で切り抜けてくれたのは大きかったと思います)

久しぶりに出たタイムリーエラー

8回表、楽天が1点勝ち越した後、続くピンチで桝田のファーストゴロを原口が弾いて、痛い追加点を取られていました。

ゼロではないけど、最近影をひそめつつあった守備での痛いミスですが、今日は大事な場面で出てしまいました。

 

このあと、最終的にペゲーロの満塁ホームランが飛び出し、勝負あった感じです。

まとめ

明日が交流戦最後の試合。

切り替えて、最後がんばってほしいです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村