明日、6月25日は上半期を締めるグランプリレース・第58回宝塚記念です。

前売り段階でG1連勝中のキタサンブラックが単勝1倍台の圧倒的な人気となっていますが、波乱はあるでしょうか。

宝塚記念予想

宝塚記念の傾向・過去分析

【前走】

・芝2400m以下

・天皇賞・春組は上がり5位以内で4着以下の馬

【コース取り】

内を通る馬が有利(内枠か近2走以内に逃げた経験がある馬)

【血統】

・クラシック勝利のないディープインパクト産駒。特に牝馬。

・ステイゴールド産駒(過去10年5勝)

・トニービンの血を持つ馬

傾向該当馬

(5)シュヴァルグラン トニービンの血(ただし前走・天皇賞好走はマイナス)

(7)レインボーライン 父ステイゴールド

(8)ミッキークイーン ディープインパクト牝馬(ただしクラシックを勝っている)

※天皇賞・春は、上がり2位と3位が2頭ずついて、それで上位5頭を占めるんだけど、同タイムを1頭カウントにすると、シャケトラは一応「天皇賞・春組は上がり5位以内で4着以下の馬」には該当することに。

昨年はドンピシャだったマリアライトがいたんだけど

以前の記事に書きましたが、昨年はクラシック勝利のないディープインパクト産駒。特に牝馬」という項目にがっつりマリアライトが当てはまり、傾向通りの結果となりました。

まあ、馬券は3連単1着固定ドゥラメンテでいって、惜しくもはずしていまったんですけどね・・・。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

【関連記事】

亀谷敬正の競馬予想のすごさを実感したマリアライトの宝塚記念

 

しかしながら、上で見てきたように、がっつり傾向・過去分析に合致する馬が見当たりません・・・。

人気薄のディープインパクト産駒が来る傾向が顕著でしたが、今年はそのそもディープの仔がミッキークイーン1頭だけ。

しかもクラシックを勝ってるし、人気もそこそこで、微妙なところとなっています。

 

そもそも雨がめちゃくちゃ降ったら、傾向・過去分析はあまり意味をなさなくなりそうな気もします・・・。

なかなか難しいですね。

キタサンブラックには逆らえない

まあ、なんだかんだでこの出走メンバーではキタサンブラックを切ることはできないと思いました。

ただ、キタサンブラックを買うということは点数は広げられないので、(6)シャケトラと(8)ミッキークイーンの2頭に流そうかなと。

 

本当はスクリーンヒーローにがんばってもらいたいのでこちらも買いたいけど、あんまり点数広げると厳しいからなあ・・・(ミッキーロケットも何気に気になってたりして)。

あとは恐ろしく雨が降れば、スピリッツミノルの複勝とかも面白いかもですね。


まとめ

なんだか的中する気があまりしませんが、雨が想定以上に降ってたら、ちょっと考えた方がいいかもとか思うけど、まあそういうことしてもめったに当たらないんで、スピリッツミノルの複勝くらいにしときますw