夏フェスのシーズンですね。なかでも注目なのがフジロックフェスティバル。

 

オザケンこと小沢健二の出演が話題ですが、そこへもってきてコーネリアスこと小山田圭吾と同じ日、しかも時間が微妙にずらしての登場ということで、フリッパーズギター時代からファンのオリーブ少女(今はもう少女ではないと思いますが^^;)もそわそわしているともっぱらの噂です。

スポンサーリンク

フジロックについて

1997年に始まった、日本で最も有名な夏フェスで、規模的にも一番大きいといってもいいじゃないでしょうか。

1回目、富士山麓の天神山で行われた第1回に参戦しましたが(当時、僕も二十歳でした)、台風直撃して死にそうなったのは今となってはいい思い出です。

(真夏なのに、凍え死ぬと思うくらい寒く、いろんな意味で非日常的な光景が見られました)

 

翌年のお台場開催も行ったし、苗場になってからも何回か行きましたが、最後に行ったのはフィッシュマンズが出たときだから、もうかれこれ10年くらい経つかもしれません(汗)。

 

久しぶりにちょっと行きたいなあ。

大阪方面から来るまで参戦します!みたいな人がいたら、便乗して連れて行ってもらいたいです。

 

小沢健二と小山田圭吾

オザケン、コーネリアスの両方を見ることは可能

二人が登場するのが、7月29日(2日目)。

コーネリアスはグリーンステージ、オザケンはホワイトステージで、それぞれトリからひとつ前に登場します。

 

フジロックには大きいのから小さいのまで、数多くのステージがありますが、グリーンステージはメインのもっとも大きなステージで、その次に大きいのがホワイトステージです。

長いこと行ってないから記憶がおぼろげだけど、二つのステージ間は確か10分もあれば行けたと思うけど、小山田・小沢の間の移動は混み合うから、たぶん通常の倍以上の時間がかかるのではないでしょうか。

 

発表されているタイムスケージュールには時間まで掲載されていないけど、通常、各ステージには多少のタイムラグがあるので、小沢健二とコーネリアスは両方観ることが可能だと思います(ハシゴする人多いでしょう)。

ただ、上でも書いたように、同じようなことを考えている人が多いから、道中はかなり混雑するはずで、オザケンを最後まで観てたらコーネリアスのステージをどこから観られるからは出たとこ勝負の感じになるでしょう。

 

しかし、このタイムスケジュールは明らかに意図された配置で、にくいというか、なんというか、なんともいえない感じですが、まあファンの人からすると、ぎりぎり両方観られそうだから御の字といたところでしょうか。

 


スチャダラパーの飛び入りはあるのか!?

初日のRED MARQUEEにスチャダラパーが出演しているところを見ると、オザケンのステージに出てくる可能性はゼロではないでしょう。

というか、ファンの人は少なからず期待していると思います。

 

こちらもどうなるか、楽しみのひとつですね。

コーネリアスからエイフェックス・ツインの流れ

ちなみに、コーネリアスの後、2日目のグリーンステージのトリはエイフェックス・ツイン。

こちらも楽しみです。てか、観たい。

 

97年、1回目のときのエイフェックス・ツイン来てましたよね。

2日目台風の被害が大きくて中止になったからステージには立ってなかったけど(厳密には、初日のスクエアプッシャーのステージで踊ってたけど)。

 

同じく、2日目のフィールド・オブ・ヘブンのトリはくるり。

こちらも気持ちよさそう。

 

とか、こんなことを書いていると、めちゃ行きたくなってきた。



まとめ

フリッパーズ・ギター再結成か!?と日割りが発表されたときに話題になってましたが、ステージの位置・時間的に二人が同じ舞台に立つことはないと思いますが、ファンの人たちからすると「もしかしたら!?」と当日まで期待すると思います。

なんにしても楽しそうで何よりというか、何度も書いてるように、久しぶりに行きたくなってきた。

 

いいですね~、フジロック。