東サラの1次の当落の結果が昨日発表されました。

僕はエポカヴラヴァとフレンチノワールに行きましたが、結果は以下のとおりでした。

 

エポカヴラヴァの16 最優先・落選

フレンチノワールの16 一般・当選

 

※画像元:東京サラブレッドクラブ(フレンチノワール)

東サラの1次の結果

 

エポカヴラヴァは前評判を聞いてる限り票を集めそうだったんで、そっちを優先にしてフレンチノワールを一般でって、票読み自体は当たってたんだけど、エポカヴラヴァが最優先でも落とされたのが予定外だった。

てか、エポカヴラヴァどんだけ激戦やってんって、感じですね。

 

てか、この前も書きましたが、フレンチノワールは募集締め切り時間を認識してなくて、ギリギリでの申し込みになったんで、ひとまず1頭だけでも取れてよかったです。

 

あとはシルクの1次の結果次第で追加いこうと思いますが、発表までけっこう時間があるんですよねー。

東サラの一般が8月7日の12時からみたいで、シルクの発表がそれよりも後の10日って、ちょっと遅すぎるやろってつっこみもあるんですけど、こればかりは待つしかないので、しょうがないですね。

東サラ追加候補

シルクの抽選が思いのほか通って、たくさん希望馬が取れたら今季はもう打ち止めでもいいんですけど、ダメやったとき用に一応パンフレットを見直してみました。

ワイオラの16

全体的なバランスと、中内田厩舎に惹かれてピックアップ。

父ジャスタウェイがどうかってとこですが、新主牡馬ということで、リスクもあるけど可能性もあるということで、後者に期待しての投資というのもありかなと。

 

母親としても面白そうかなっていうのもありますし。

ただ、ネックは2800万円という価格ですね~。

 

他クラブで募集されたお姉ちゃんが確か2000万だったんで、それとの比較でもちょっと高いですが、セリで2200万までいったので、しょうがないといえばしょうがない感じではあるんですけど。

いずれにしても、ちょっと様子見できればと思います。

レッドソンブレロ16

この馬は母親としていいかなという視点も加味して、ピックアップ。

母親優先のある東サラだと、やっぱその辺はちょっと意識してしまいます。今年は牝馬いってなかったし。

 

アエロリットの活躍でクロフネ牝馬に期待するっていうのはさすがに短絡的すぎるけど、やっぱりちょっとは期待してしまいますよねw

ただ、現実的には1つ買って、ちょっと頭打ちとかになりそうかなとかも思ったりしますが、母親優先の将来性も見据えていくのはアリかなと思ってます。

 

いずれにしても、様子見ですね。

 

レッドラウダ連投

話題変わりますが、東サラ関連でいうと、明日の驀進特別にレッドラウダに出走します。

先週のアイビスサマーダッシュに続いての新潟直線1000mの連投です。

 

てか、重賞から1000万下のレースへって、なかなかなジェットコースターぶりですw

希望通り外枠入って(7枠9番)、騎手はルメール。

(ルメールの国内での直線レースは珍しいと思います。初めてかな?)

 

頼むでーというか、状況的にはそろった感じですが、連投のコンディションと、57kgの斤量がちょっと心配です。

もし負けたら、敗因はそのあたりでしょう。

 

無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!

シルクはグラドゥアーレが出走

ちなみに、同じく明日の新潟4レース3歳未勝利線グラドゥアーレが出走します。

こちらも鞍乗はルメール。

 

これまでのレースぶりから(2着が3回)未勝利で終わるような馬ではないと思ってるので、なんとか今回で決めてほしいです。

というか、ここミスると、いよいよやばくなってくる・・・。

 

包まれない外枠に入ったのは、よかったかなと思います。