本日の新潟メイン第9回レパードステークス(G3・ダート1800m)。

断然人気のルメール騎乗エピカリスの走りに注目があるまりましたが、勝ったのは人気薄のローズプリンスダム(父ロージズインメイ)で、木幡巧也騎手は初重賞制覇となりました。

 

て、まあ、それはいいんですけど、レースの勝ち負けとは別に、テイエムアンムートが「走らない」のがかわいいと話題になってます。

スポンサーリンク

テイエムアンムート スタートせずw

「ゲートを出たところで止まっています」と実況されていますが、柴田善臣先生騎乗のテイエムアンムートがスタートしても止まったままで、走り出しませんでした。

 

スタート直後に落馬とかは見たことありますが(ウイニングチケットが勝ったダービーのマルチマックスとか)、こんなケース今までにあったのかなw

左の方に悠然と歩いていく姿は確かにかわいいww

 

ちなみに、下の画像は上記したダービーのマルチマックスです(サムネがリンク切れみたいになってますが、生きてます)。


無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!

みんなの声

 

 

 

 

 

 


 

まとめ

「テイエムアンムート号は,平成29年8月7日から平成29年9月5日まで出走停止。停止期間の満了後に発走調教再審査」だそうです。

 

馬券買ってた人には災難でしたが、思わぬアクシデントで注目を浴びて、確実に人気は高まったと思いますw

 

次走、ちゃんと走れるか注目です。

がんばれ、テイエムアンムート!