昨日はシルクのグラドゥアーレと東サラのレッドラウダが出走。

連闘のレッドラウダはもひとつな結果になってしまったけど、グラドゥアーレがついに未勝利を脱出。これで一安心というか、ちょっとゆっくり構えられそうです。

シルク2014年産の出資の全馬勝ち上がりに

グラドゥアーレ | プロフィール

父 ダノンシャンティ

母 アンティフォナ (母父Songandaprayer )

調教師小西一男 (美浦)

通算成績 7戦1勝 [1-3-0-3]

※戦績は2017年8月6日現在

これまで1番人気が5回、2着が3回と、十分勝ち上がるポテンシャルがあるというか、これで未勝利だったら小西厩舎に文句のひとつも言いたくなるところでしたが、なんとか結果を出してくれました。

 

てか、前走のルメールの騎乗がけっこうひどかったので、こっちもきっちり取り返してくれてよかったです。

 

シルク2014年産出資馬

セダブリランテス(父ディープブリランテ)

イストワールファム(父ローエングリン)

ラグナアズーラ(父ハーツクライ

グラドゥアーレ(父ダノンシャンティ)

 

というわけで、この世代、出資した全馬が勝ち上がりとなってくれました。

素直にめっちゃうれしいです。

 

ちなみに、下の3頭はすべて募集価格が1800万円で、もちろん全馬勝ち上がってくれると思って出資したわけですが、安馬カルテットが無事に未勝利を抜け出してくれるのはうれしいですね。

この値段なので、あと1勝か、入着を繰り返せばすぐに回収率100%は超えそうだけど、春は大きいところも少し期待したイストワールファムを筆頭に、今後にも期待してます(ラグナアズーラは血統的に成長力もありそうだし)

 

シルクは高額馬より1800万~2500万くらいの馬が意外とよく走ってるイメージがあって、そのあたりが当たりを探すのが楽しみのひとつでもありますが、今年も抽選が惨敗だったらまた再検討してみます。

(抽選突破してくれるのが一番いいんだけど)

レース後コメント

C.ルメール騎手「スタートはあまり速くありませんでしたが、ゆっくりと上がって行き3番手からレースを進めました。少しハミを噛んでいましたし、ベストポジションとは言えませんでしたが、休養を挟んで馬がフレッシュな状態だったので、最後はしっかり脚を伸ばして差し切ってくれました。強い内容でしたし、上のクラスにいっても戦っていける力は十分持っている馬ですよ」

 

小西一男調教師「スタートはゆっくりでしたが、逆にフワーッと上がって行けたことで、ガツンとハミを噛まずに進められたので良かったと思います。ただルメール騎手も言っているように、道中は前に馬を置いて進めて直線に向いてから抜け出す形がベストでしょう。それでもここまで惜しい競馬が続いていたので、勝つことが出来てホッとしていますし、まだまだこれから良くなってくる馬だと思っています。頑張って走ってくれましたので、レース後は直接ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。牧場でしっかり疲れを取ってもらって、状態を確認しながら次のレースを考えていきたいと思います」

レッドラウダは驀進特別5着

アイビスサマーダッシュから連闘となったレッドラウダですが、2番人気で5着。

去年、同じレースが2着だったことを思うと残念ですが、結果的に連闘の疲れがあったのかもしれません。

 

ルメールの騎乗もちょっと微妙なところがありましたが、まあしょうがないですね。

ただ、ラウダは現状直線1000mしか結果残せない感じなので、この条件で上位に入ってこられないとちょっとつらい感じです・・・。

なんとか立て直してほしいです。

8月6日レース後コメント(5着)
ルメール騎手「スタートも出てくれましたし、道中は手応えも良くて脚は溜まっていました。1頭分スペースが空いていたのでゴーサインを出して追い出したところ、勝ち馬がよれてきてノースペースに。内に切り替えましたが、一回ブレーキをかけてしまったので届きませんでした。上手く乗れませんでした…ごめんなさい」

 

 

来週の出走予定

パブロ
12日(土)新潟12R・D1,200m〔津村明秀〕

ゴールドエフォート
13日(日)新潟7R・芝1,800m〔木幡巧也〕

アルジャンテ
13日(日)新潟10R・豊栄特別〔横山典弘〕

 

パブロ久しぶりです。

久々なんでいきなりは厳しいかもだけど、一叩きしてあまり変わらないようなら、引退させてあげてもいいかもですね。

 

アルジャンテは久しぶりのノリさんで期待してます。

上のクラスで2着もあるし、このクラスでは上位だと思います。

 

ちなみに、今日の12時から東サラの一般募集がスタートしました。

レッドメデューサは馬体いいかなあと思いましたが、すぐに埋まっちゃいましたね(ちょっと短距離馬になるかもと思って躊躇しました)。

 

例年より「残口わずか」アラートが出るのが早いような気がしますが、一口馬主バブルがいよいよ東サラにも来た感じでしょうか(キャロットとかシルクに比べると全然ましですが)。

ひとまず、シルクの結果発表までがんしてみます。