今週はシルクの馬が3頭出走しました。

みんな休み明けで、特にパブロゴールドエフォートは久々で、調教もぼちぼちということもあって(能力的なこともあるけど)、今日は期待もしてませんでしたけど、アルジャンテは残念な結果となってしまいました。

今週の結果

パブロ[父 キンシャサノキセキ : 母 ゲルニカ] 8/12(土)新潟12R 3歳上500万下〔D1,200m・15頭〕57 津村明秀 10番人気11着

 

ゴールドエフォート[父 カンパニー : 母 トゥルーゴールド] 8/13(日)新潟7R 3歳上500万下〔芝1,800m・17頭〕55 吉田隼 15番人気12着

 

アルジャンテ[父 ディープインパクト : 母 ナイキフェイバー] 8/13(日)新潟10R 豊栄特別〔芝1,400m・18頭〕55 横山典弘 1番人気8着

アルジャン 横山典弘出遅れで終了

コース、馬場と脚質考えると1枠2番はけっこう厳しいなと思ってて、スタート次第では前目につけたりすることもあるかなとおか思っていましたが、それ以前に出遅れてしまって、その時点で終了みたいなレースになってしまいました・・・。

 

前にも書きましたが、1600万下のクラスで2着に来たこともある馬なので、このクラスでは上位の実力をもってると思うので、なんとかリズムを取り戻してもらいたいです。

調教のつめないパブロ

パブロは新馬勝ちしてくれた馬で、いいスピードももっていたので期待もしたのですが、足元の不安がつきまとい、以降まともな調教ができていない感じです。

レースも続戦するのが難しい感じで、たまに出ては休んでの繰り返しで、結果もついてきていません(ついでにいっておくと、去勢もしました)。

 

今の結果事態にどうこういうことはないけど、勝つにはしっかりと調教を積んで鍛えるしかないと思うし、故障の恐れがあってそれができないということであれば、馬のことも考えてもう引退でいいかもしれないですね。

 

ゴールドエフォートはもう少し走ってもいいかなと思うんですけど、近走は全然な感じです。

もうちょっと前目につけないとと思うんですけど、そうすると終いの足が鈍ってしまい、恐ろしくすべてが噛み合ったときでないと上位は無理みたいなことになってて、なかなか厳しいところでありますが、今日以上の結果になるよう次走に期待です。
 
 

セダブリランテス近況

期待の星セダブリランテスですが、次走はセントライト記念の予定。

それに向けて調教が続けられていますが、「8日に坂路コースで強めの調教を行った際、左前脚を踏み掛けてしまい蹄球部に外傷を負ってしまいました」とのこと。

 

幸い大事にはいたらず、「9日、10日は引き運動で様子を見ていましたが、歩様は問題ないので、11日から周回コースで軽めの乗り運動を開始しました。乗り出しても痛みは出ていないので、このまま進めていけると思いますが、それは慎重に見極めたいと思います」だそうですが、ほんとケガだけはないように願っています。

 

ちなみに、石川くんとのコンビに関して個人的には肯定的だったんですけど、まさかの石川騎手が落馬骨折で、代わりに戸崎騎手を確保してくれたようです。

リーディングトップの戸崎騎手になるのは心強いですが、続けて菊花賞に乗ってくれるのかがちょっと心配。

次週の出走予定

イストワールファム 8月20日の新潟・芝1,800m〔戸崎圭太〕

 

体重が思うように増えない点が心配ですが、このクラスでは力は上位だと思っているので、なんとか一発回答に期待したいところ。

こちらも鞍乗は戸崎騎手を確保で、なんとかいいレースをして秋以降につなげてほしいですね。