夏の甲子園大会、今日からベスト8進出をかけた戦いが始まりました。

その最初の試合となったのが天理(奈良)と神戸国際大付属(兵庫)の近畿勢同士の一戦。

 

試合がどちらもゆずらぬ白熱した展開となり、今大会3試合目の延長戦となりました。

スポンサーリンク

天理 vs 神戸国際大付属

碓井くんの粘りのピッチング

実家が奈良で、必然的に天理を応援してたんですけど、今日の先発は初戦で完封した坂根くんじゃなく、エースナンバーをつけた3年生の碓井くん。

 

サイドハンドから投げ込む打たせて取るタイプで、右バッターにはインコースにシュートが効果的でした(同様に、左バッターには外に逃げていく球となり、シンカー的な効果がありました)

 

で、この碓井くんの粘りのピッチングがすごかった。

8回の1アウト満塁(4番の猪口くんを内野ゴロゲッツー)、9回の1アウト3塁の各ケースは失点を覚悟したし、ここまでなかなと思いましたが、両方とも後続を打ち取り、絶体絶命のピンチを切り抜けました。

神戸国際の両投手も好投

碓井くんに負けずいいピッチングをしたのが神戸国際の先発・岡野くんと、6回からリリーフした花村くんです。

左右の違いはあるけど、両投手ともストレートとキレのあるスライダーが武器で、すごくいいピッチャーでした。

 

5回で降板した岡野くんはまだまだ投げられそうだったけど、チームの作戦か早めの継投で花村くんが登板。

期待通り、2回の1失点以降天理打線を抑えましたが、打撃陣も得点が取れず、その点が監督さんからしたら誤算だったかもしれません。

11回に天理が勝ち越し

互角の試合展開だったと思いますが、後半は神戸国際がちょっと押し気味だったと思います。

しかし最後、8番の山口くんがタイムリーを打ち、それが決勝点に。

 

実は山口くんのその前の打席も、チャンスの場面で前の安原くんが敬遠で歩かされ、11回もまったく同じシチュエーションになったわけですが、二回目は意地を見せる感じで決勝打を放ちました。

 

まとめ

それにしても碓井くんがよく投げたなと思います。

神戸国際ほどの早めの投手交代じゃなくても継投はあるかなと思って見てたけど、けっきょく延長11回を一人で投げきり、1失点完投。みごとなピッチングだと思います。

 

神戸国際もすごくいいチームだったと思うし、ほんと紙一重の試合でした。

 

天理は5年ぶりのベスト8進出。

ここ勝つといいとこまでいくんじゃないかなと思ってたんですけど(トーナメントの組み合わせを見ると、大阪桐蔭をはじめ強豪校がひしめくブロックとは決勝まで当たらないってのもあるし)、ちょっと期待しています。