9/18阪神−広島24回戦(甲子園)。

広島の優勝がかかった一戦で、先発はメンドーサと野村。広島優勢でゲームは進みましたが、中谷、陽川というタイガース期待の右の大砲の一発で追いつき何とか意地を見せましたが、カープの自力にやられてしまいました。セ・リーグ制覇、おめでとうございます。

 

スポンサーリンク

9/18阪神−広島24回戦

広島が2年連続の優勝

広島優勝はしょうがないとして、阪神としてはなんとか目の前での優勝決定だけは避けたいというところの一戦となりました。

その緊迫した状況に恥じない好ゲームとなりましたが、結果的にここでも広島に力負けした感じです。

 

広島は野手陣はいうことないけど、投手陣がちょっと心配かなとか思ってましたが、今年は薮田がブレイクし、岡田も急成長で、ええ感じに若手投手が出てきてますね。

なんにしても、優勝おめでとうございます!

中谷が濱中以来の20号ホームラン

阪神の光明としては右の大砲が育ちつつあることでしょうか。

ペース的に今年は20本行くだろうと思ってましたが、今日の試合で大台に乗せてくれました。

来年の話をするのはちょっと早いかもですが、不動のレギュラーとして来シーズンは30本めざしてほしいです。

陽川が代打ホームラン

今日はいいところで打ってくれました。

2軍で2年連続ホームラン王・打点王の二冠で、間違いなく力はもっているので、なんとか来シーズンは覚醒してほしいですね。

 

鳥谷がサードで出続けるとなかなか守るところがない感じですが、ひとつ壁を乗り越えてくれると、中谷みたくブレークしてくれると思うんですけどね。


まとめ

鈴木誠也はもとより、丸、菊池とかはまだまだ全盛期なので、もうしばらく広島の黄金期は続きそうです。

最後、鈴木誠也と赤松もグランドに来てたのがよかったですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

にほんブログ村