いよいよ今年最後のG1レース、グランプリ有馬記念です。

キタサンブラックの引退レースでもあり、何かと盛り上がりを見せていますが、ひとまず馬券をとって年を越したいものですね。

有馬記念2017予想

過去の傾向・血統

  • 前走2000m以下の重賞で3着以内
  • 前走ジャパンカップ組はひと桁人気で人気よりも着順が悪かった馬
  • 内枠
  • 血統的にはステイゴールド産駒。キングマンボ系。
  • ハーツクライ、ネオユニヴァース産駒も相性がいい
  • 2014年の路盤改修以降はディープインパクト産駒もこなせるように

キタサンブラックは前走JC1番人気で3着とばっちりデータ通りで、そこへもってきておあつらえ向きというか絶好の内枠。

データ的にはかなりいい感じです。

 

万が一飛ぶことがあれば、常套句のように出てくる「目に見えない疲れ」ですが、ここまで条件がそろっていて無印にはできない感じで、軸として買おうと思います。

2番手はシュヴァルグラン?

前走ジャパンカップ組はひと桁人気で人気よりも着順が悪かった馬には当てはまらないけど、ハーツクライ産駒だし、目立った減点材料のないシュヴァルグランが二番手でしょうか。

JCの時もデータ的にばっちりだったので本命にした経緯もありますし。

 

ただ、1番人気・2番人気が本命、対抗ってぜんぜんおもしろないですやんと思いましたが、現状2番人気はスワーヴリチャードで、シュヴァルグランは3番人気

これはちょっとおいしいかも(前々日売りのオッズなで、大きく変動する可能性はあると思うけど)。

 

で、そのスワーヴリチャード 連対実績のあるアルゼンチン共和国杯1着からのローテで、父もハーツクライだし、データ的には当確 していますが、有馬記念では不利とされる外枠、さらに思ってた以上に人気していることもあって、今回は軽視します。

(前走では、愛馬セダブリランテスに圧勝してるだけに応援したいところですが、まあ今回は抑えまでにしておきます)

狙いたいレインボーラインとヤマカツエース

シュヴァルグランが3番人気とはえは、キタサンブラックとの組み合わせはやはりオッズ的にしょぼく、これで3番手にスワーヴリチャードとかだと全然おいしくないので、ヒモはちょっと穴っぽいところを狙ってみたいと思います。

 

その一番手は、 有馬にめっぽう強いステイゴールド産駒のレインボーライン 

同じく、 キングマンボ系の血を持ち、内枠に入ったヤマカツエース 

 

ヤマカツエースは昨年の有馬で本命にして、三連単の軸にしましたが惜しくも4着だったという苦い思い出があり、今年は去年ほどの勢いがないので狙いづらいところがありますが、3着の可能性はゼロではないかなと。

 

この二頭が3着に来てくれると、仮にキタサン-シュヴァルグランでも3連単は100倍代だけど万馬券にはなると思うので、このあたりを本線にしたいと思っています。


まとめ

あとはサトノクラウン、データ関係なくなんとなく好きなシャケトラあたりまででしょうか。

とりあえず、現状では3連単で②⑩を軸、①⑧⑦⑫⑭といった感じの予想です。

(※中山巧者でキングマンボ系のサクラアンプルールも追加しておきます)

 

そういえばサウンズオブアースもこれまでけっこう買ってたけど、さすがに近走の凋落ぶりと大外枠ではちょっと買いづらいですね・・・。