お店をオープンさせるときに、いろんな準備が必要で、レジも欠かせないもののひとつでしょう。

 

で、最近よく耳にするのがPos(ポス)レジですが、posレジとは具体的にどういったものなのでしょうか?

また、導入するに際してどれくらいの費用がかかるのか、調べました。

スポンサーリンク

posレジでできることと導入費用について

posは「Point Of Sales」の略で、日本語では「販売時点情報管理」と訳されます。

簡単に言うと、 お会計の時にお客様と金銭のやりとりをした時点での販売情報(例えば、商品の在庫など)を管理するシステムを搭載したレジ のことをいいます。

 

Wi-Fiなどのネットワークを通して、ipadなどのタブレットやパソコンに販売情報が集められ、その結果を蓄積・分析することで売上げを管理したり、商品・サービスの改善につなげたりすることができるわけです。

もちろん、レジ機能も備えているので、お会計の計算やレシートを出すこともできます。

導入の費用は?

大手スーパーなどが導入する本格的なPOS専用レジスターは100万円以上します。

なので、一昔前は中小企業はもちろん、個人事業主が手がける小さなお店での導入のハードルはすごく高いものでした。

 

けど、近年ではタブレット端末に専用のカードリーダーやソフトを導入して使うPOSレジが一般的になり、 事前にipadなどを持っている場合は、実質0円で設備を整えることも できます。

square(スクエア)のposレジの場合

個人で美容室をやっている友人が導入したSquare(スクエア)のposレジの事例で具体的に見ていきます。

ちなみに、このsquare(スクエア)はユーザー登録し、専用のクレジットカードリーダーを購入すれば利用でき、無料でダウンロードできるposシステムのソフトも使うことができます。

 

square(スクエア)のposレジで主にできることは以下の4つです。

  • クレジットカード決済
  • 在庫管理
  • 売上レポート
  • レシート(電子・紙)

1つずつ見ていきましょう。

クレジットカード決済

スマホやタブレット端末に専用のICカードリーダーを付けることで、クレジットカード決済が可能となります。

 

カードリーダーは4,980円で発売されていますが、 現在キャッシュバックキャンペーン中で、実質0円 で利用することができます。

(なくなり次第終了だそうです)

なお、amzonでは4,460円で販売されていますが、キャッシュバックキャンペーンは適応されないので、公式ホームページから登録するのがおすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓

 

対応しているカード会社と手数料は以下のとおりです。

  • VISA,MasterCard,American Express,Discoverに対応
  • 手数料は3.25%
  • JCBカードも利用できるけど、手数料は3.95%

>>実質0円で簡単導入! Square公式ホームページはこちら

お会計を一時的に保存

レジ機能のひとつとして、iPadやAndroidタブレット上のSquare POSレジから、伝票ごとに注文の追加や保存が可能です。

また、お会計が必要なときには、いつでも伝票を読み出すことができます。

 

これ、 居酒屋さんをはじめとする飲食店で大活躍する機能 で、各テーブルで新規の注文が入るごとに「保存」ボタンを押すことで注文が保留され、最後に「お会計」ボタンをタップすると合計金額を出すことができます。

 

うさぎさんうさぎさん

たしかにこの機能は、飲食店とかやってる人には特に便利ですねー。

ヤギ先生ヤギ先生

お店も便利だけど、何よりお会計時にお客さんを待たせなくていいから、お客さんにとっても大きなメリットなんだよ。

うさぎさんうさぎさん

そっか。紙の伝表のお店だと、最後お会計のときのレジが打ち終わるのを待たないといけないもんね。

ヤギ先生ヤギ先生

お客さんはうれしいし、お店も打ち間違いのミスがなくなり、時間短縮で回転率などの効率も上げられるから、両者にとっていいことばっかりなんだよ。

在庫管理

posレジでは、事前に商品の金額や在庫などを設定できます。

お会計の際は、数字を打ち込むのではなく購入された商品をタップするので、 打ち間違いによる計算ミスも未然に防げます。 

 

また、事前に在庫数を登録しておくことで、 お会計をすると同時に在庫管理も自動的に行ってくれます。 

設定は簡単・快適にすることができ、大量の商品もCSVファイルで一括インポートでき、お会計のとき以外でもいつもで気軽に変更することができます。

▲管理画面イメージ

 

square.co.jpからSquareデータにログインすれば、どこにいても在庫管理が可能です。

現時点の在庫や更新後の在庫レポートをまとめてダウンロードすることもできますし、在庫の少ない商品、売り切れの商品などの情報も毎日メールで受け取ることができます。

 

ヤギ先生ヤギ先生

商品番号は約1500件も利用可能なんだ。在庫管理は大事だよ。

うさぎさんうさぎさん

服屋さんをやっておる友だちにも教えてあげます!

>>Posレジで在庫管理もラクラク! Square公式ホームページはこちら

売上レポート

もちろん、在庫管理だけではなく、発生したお会計の売上レポートもダウンロードやプリントアウトすることが可能です。

店舗や端末ごとの商品販売数や、従業員ごとの就業時間に対する売上高など、さまざまなレポートが作成できるので、効果測定も簡単。会計士の方にも嬉しいレポート機能もついています。

リアルタイムでビジネス管理

 

 

 

 

 

 

 

売上状況やお客様の購買行動、他店との比較など、必要な情報はいつでもリアルタイムで確認できます。

また、Squareアナリティクスなら商品ごとの売上データの確認も簡単にできるので、 「どの時間帯に、何が、どれくらい売れたのか」も一目瞭然 。営業時間の決定や商品の在庫管理にも役立ちます。

お客さまの購買パターンを把握する

さまざまなデータを取得することができ、例えば新規とリピーターの比較、客単価や平均来店数などの情報もかんたんに把握できます。

これまでにない視点から顧客行動を理解し、マーケティングに活かすことで売上アップにつなげしょう!

前日や先月など、売上の過去データとの比較も

今週の売上だけでなく、前週との比較、前月や半年前との比較も可能です。

自分のお店のデータはもちろん、地域や業種内での他店との比較も可能で、正確な現状分析は会社経営やマーケティングなどにも役立つでしょう。

いつでもどこでもビジネスの状況を確認

在庫管理のときと同様に、Square.comからSquareデータにアクセスすれば、店舗、従業員、商品など、すべてのレポートにアクセス可能。CSVファイルをダウンロードすれば、帳簿の管理も簡単です。

 

また、Squareデータアプリ(iPhone版)をダウンロードすれば、スマホからも気軽にアクセスできます。

 

うさぎさんうさぎさん

こんなにいろいろできるんですね。びっくりしました!

ヤギ先生ヤギ先生

スクエアのユーザー登録をすれば、ソフトはすべて無料で使えるから、仮にクレジットカード決済があまりないという場合でも申し込んだ方がいいと個人的には思うんだけどね。

うさぎさんうさぎさん

たしかに、これだけいろいろできれば僕もそう思います。

>>Posレジ導入で売上管理を効率化! Square公式ホームページはこちら

その他にできること

レシートの出力

プリンターと接続して、レシートやオーダーシートを出力することも可能です。

例えば、最低限、レシートだけはほしいっていう場合、下記のようなレシートプリンターを購入すれば利用することができます。

↓ ↓ ↓ ↓

 

スクエアの公式ページでは周辺機器購入のサポートも行っているので、よろしければそちらもご参照ください。

>>スマホ・タブレットでカード決済&posレジが使えるsquare(スクエア)公式HPはこちら

 

だいたいの値段を見てみると、タブレット抜きでプリンターとレジ(金庫)をあわせたもので6万前後、バーコードリーダーなどを含むフルセットのものでも10万円くらいでした。

 

ちなみに、上記square(スクエア)の公式サイト経由で提携企業から周辺機器を購入することもできますが、提携している2社とも 軽減税率対策補助金申請のサポートを行っています。 

軽減税率対策補助金とは、消費税軽減税率制度の実施にともない対応が必要となる中小企業・小規模事業者などに対して、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などに要する経費の一部を補助するという支援制度です。

 

簡単にいうと、posレジ導入にともなう経費の一部に補助金出しますよってことで、いろんなパターンがあるんですけど、モバイルPOSレジシステムの場合、20万円まで補助金が出ます。

これタブレットはもちろん、プリンタやバーコードリーダーといった周辺機器も対象で、20万もあればフルスペックに近い設備を整えられるでしょう。

 

ちなみに、軽減税率対策補助金の申請受付期間は今年(2018年)1月31日まででしたが、昨年末に延期されることが発表され、平成31(2019)年9月30日までに導入し、申請すれば補助金をもらえます。

 

導入を考えている方は、この絶好の機会を逃さないようにしてください!

関連記事>>軽減税率対策補助金事務局のホームページも参照ください。

 

ヤギ先生ヤギ先生

ちなみに、個人事業主も補助の対象になるから安心してね。

うさぎさんうさぎさん

わー、よかった。スマホとかタブレット、PCなんかも補助対象になるのはうれしいですね!

まとめ

posレジはもともとアメリカの大型スーパーや百貨店で導入され、システム自体もかなり大がかりなものでした。

現在はタブレットやPCなどで気軽に、誰でも使えるようになり、 個人事業主の方で利用している方も多く なってきています。

 

Square(スクエア)はクレジットカード決済ができるICカードリーダーを申し込み、専用の無料ソフトをダウンロードすることで、これまで見てきたようなposレジのさまざまな機能が使えます。

専用のカードリーダーが現在キャッシュバックのキャンペーン中で実質0円で手にいれられるほか、軽減税率対策補助金を利用すればタブレットやレジプリンターなどの周辺機器も補助金で一式そろえることができます。

 

うちはクレジットカード使わないからいいわーとか言ってる次元の話じゃなく、売上・在庫管理がこれだけ効率よくできるシステムが利用きるだけでも(しかも無料で!)個人的には絶対導入しておいた方がいいと思いますが、まして今の時期だと補助金でタブレットや周辺機器が買えるとなれば、こんなラッキーなことないんじゃないでしょうか。

(ただでipadもらえると考えただけでも、十分トクですもんね)

 

ただ、スクエアのキャンペーンも国の補助金も期限があるので、気になってる方はお早めにお申し込みください!

▼▼公式サイトで詳しく見る

Square(スクエア)公式サイト