テレビCMもよくやってるのでamazonプライムのことをご存知の人も多いかと思いますが、僕も入会しています。

簡単にいうと、amazonプライムは、対象商品のお急ぎ便や、お届け日時間指定を無料で利用できるほか、Prime Video、Prime Music、プライムフォト、Prime Readingなどのデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

 

これだけできて、月の使用料が400円(税込)。1年契約だと年間3900円(税込)で、1月325円で利用できます。

(ちなみに学割もあって、こちらは年会費1900円で利用できます。月159円。安っ!)

ヤフープレミアム会員費は月額498円なので、まあサービス内容が全然違いますが、この単純比較でもやっぱ安く感じますよね。

 

ただ、中身がしょぼかったらいくら会費が安くても「いらんわー」ってなりますよね。

というわけで、Amazonプライムでできることについて調べました。

Amazonプライムサービスでできること

プライム・ビデオ(動画見放題)

約25000点のコンテンツが見放題に

「できること」としてもっともイメージが強いのが、このプライム・ビデオじゃないでしょうか。

他の動画配信サービスと比べても格安で、例えば有名どころではHulu(フールー)が1007円で、これと比べてもかなり安いことがわかると思います。

 

アニメ、映画、ドラマ、海外ドラマ、バラエティ、オリジナルコンテンツなど、約25,000本がラインナップされています。

普通にめちゃくちゃ充実してて、レンタルビデオ店いらんやん!ってなると思います。

 

ちなみに、対応デバイスは以下のとおり。

PCやスマホ、タブレット、テレビなどで楽しむことができ、家で見た続きを翌日スマホで移動中になんてことも可能です。

■対応デバイス

PC、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、iPad、Android端末、iOS端末、PS3,4、Wii U、スマートTV、Blu-rayプレーヤー、Blu-rayレコーダー

amazonビデオとamazoプライムビデオ

なお、似た名前でややこしいですが、amazonビデオはテレビ番組や映画などの動画コンテンツをレンタル・購入できるサービスで、amazonプライム・ビデオは定額料金で見放題のサービスです。

 

amazonビデオには約50,000点のコンテンツがあり、そのうちの半分となる約250,000点のプライム・ビデオで楽しめます。

こんなん見ないよって感じのしょうもないコンテンツばっかりやんってことはなく、ラインナップは充実していますよ!

論より証拠で、30日間無料で利用できるので、ぜひ確かめてみてください。

>>amazonプライム・ビデオ 無料登録はこちらから

無料配送特典

amazonが有料サービスとして行っている「お急ぎ便」を無料で利用することができます。

amazonで普段から買い物をする機会が多い人はこのサービスだけでもけっこう便利だと思います。

また「プライムマーク」が付いている商品に関しては、お届け日時の指定、特定の予約商品に関して発売日/発売日前日お届けなどのサービスを受けることもできます。

プライム・ミュージック

100万曲以上が聞き放題のサービスです。

「2017年邦楽ランキング」「TV CM洋楽ソングス」「スポーツ応援ソング」など、さまざまなプレイリストが用意され、気分にあわせて音楽を楽しむことができます。

amazonパントリーが利用可能に

パントリーって何やねんっていうと、「アメリカの家のガレージ/キッチン近くにある「食材庫」のこと」「日本では冷蔵庫の横の食材棚や、洗面所の収納スペース」に当たるとのことで、そんな「家庭の食材庫」にちなんだサービス名となっています。

 

具体的には、カップ麺や飲料水、ティッシュペーパーという日用品を1個から買えるサービスで(通常、ネット通販ではまとめ買いが主流)、それらを専用のパントリーBoxに積めて配送してくれるというサービスです。

 

これ、近くにスーパーやコンビニがない地方の方にとっては、かなり便利なサービスだと思います。

また、大学進学などで親元を離れたお子さんに食料品などを送る際は、いったん買い揃え、それをダンボールに積めて運送会社にお願いするという流れだったと思いますが、それが全部ネット上ででき、直接届けてくれるのでかなり便利ですし、コスト的にも安く上げられます。

 

ちなみん、パントリーBoxは1箱あたり390円の手数料がかかりますが、定期的に300円OFFのクーポンが発券されるなど、お得なキャンペーンが行われているので上手く活用するのがおすすめです。

>>【Amazonプライム】無料登録はこちらから

プライムリーディング(本・雑誌読み放題)

電子書籍配信サービス「Kindle」から数百冊の書籍やマンガ、雑誌を追加料金なしで読むことができるサービスです。

普通に雑誌もいろいろ読めるし、このサービスだけでも十分元は取れそうです。

>>【Amazonプライム】無料登録はこちらから

プライムフォト

クラウドサービスのひとつで、スマホなどで撮影した画像をバックアップ、整理、共有できます。

プライムフォトにアップされた画像はスマホやPC、タブレットなど各デバイスからアクセス可能で、本人はもちろん、ご家族などと共有することも可能です。

 

スマホの空き容量がいっぱいになって、なんてことはよくあることだと思いますが、共有することで自動保存され、自動的にバックアップされるので、端末のデータは削除し、メモリを開放することができます。

Amazon Mastercardクラシック のポイント率が二倍に

Amazon Mastercardは比較的審査がゆるく、無職の人でも作れると評判です。

こちらのカードを使ってアマゾンで買い物をすると通常ポイントが1%付きますが、プライム会員は倍の2%が付与されます。

amazonでよく買い物する人は、かなりお得になると思います!

 

ちなみに、こちらのこちらのAmazon Mastercardは初年度年会費無料で、2年目以降も1回でもカードを使用すれば年会費はかかりません。

ただし、1年間で1回も使用しないと年会費1,350円がかかってくるのでお気をつけください。

>>【Amazonプライム】無料登録はこちらから

まとめ

これ以外にも生鮮食品や専門店グルメから日用品までを購入できるamazonフレッシュなど、さまざまなサービスが利用できますが、よく利用するのは上記で取り上げたサービスが中心となるでしょう。

これだけできて月400円(税込)、年間契約で月325円(税込)は破格だと思いますが、いかがでしょうか。

 

興味あるけど、実際に使うかどうかわからないって人は、1ヶ月間無料体験キャンペーンを利用できるので、そちらをご利用ください。

>>【Amazonプライム】無料登録はこちらから

30日間の無料体験に申し込むボタンをクリックをし、あとは画面の指示にそって登録すれば完了です。

無料体験期間が終わると自動的に有料会員になるので、お悩み中の方は気をつけましょう。

関連記事Amazonプライム無料体験に申し込む手順

↓ ↓ ↓ ↓