amazonプライム=amazonプライムビデオって印象を持ってる方も少なくないかもしれませんが(僕もそうでした)、実はそれ以外にいろいろできるんです。

 

一言ではいえないくらいいろいろできるので、詳細については下記の記事を参考してください。

>>Amazonプライムでできること。年間会費3900円は安すぎ!?

 

その中にamazonパントリーというサービスがあるんですけど、これがあるから地方の人におすすめと書いたわけです。

も少し正確にいうと、近所にスーパーやコンビニがない方、お子さんが進学や就職で親元を離れている方なんかは特におすすめなんです。

スポンサーリンク

地方の人がamazonプライムに入っておいた方がいい理由とは?

必要な食品・日用品を必要な分だけネットで買える

aomazoパントリーは、公式サイトで以下のように定義づけされています。

Amazonパントリーは、食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけお買い求めいただける、Amazonプライム会員向けのサービスです。

 

  • 食品、日用品を購入を必要な分だけ購入できる。
  • Amazonプライム会員のみがりようできる。

ポイントはこの2点です。

 

日用品をネット購入できるサイトはいろいろあります。

例えば、LOHACOなんかは有名で、それこそ食品から日用品までいろいろ購入できます。

 

ただし、基本的に各商品はまとめ買いしか無理で、お得な値段で購入できるかわりに、10食セットとかが買わないといけなくなっています。

(送料は1900円以上の購入で無料)

例えば上のカップ麺だと、定価34%OFFだけど、12食セットからの購入になるといった感じになるわけです。

特定のお気に入りの商品を定期購入する際にはいいんですけど、 必要なものを必要な分だけ買いたいって人には不便 な感じで、それを実現したのがAmazonパントリーです。

パントリーとは?

「パントリー」は、アメリカの家のガレージ/キッチン近くにある「食材庫」のことです。日本では冷蔵庫の横の食材棚や、洗面所の収納スペースにあたります。 「Amazonパントリー」は、この「家庭の食材庫」にちなんだサービス名です。

※Amazon公式サイトより

 

要は専用のBOXが用意され、そこに必要な食品・日用品を詰め込み、それを配送してくれるサービスというわけです。

BOXは1箱あたり390円の手数料がかかりますが(通常配送は送料無料)、300円OFFキャンペーンなどのお得なキャンペーンも定期的に開催され、それらを上手く活用することで実質的な負担を抑えることもできます。

>>amazonプライム・ビデオ 無料登録はこちらから

近所にスーパー、コンビニがない人に

田舎暮らしで、近所にスーパーやコンビにがない人には、これかなりいいサービスだと思います。

1箱390円かかってしまいますが、必要なものを必要な分だけ買えて、それの送料だと思えば、ことさら高くはないでしょう。

 

例えば、車がないとスーパーまで行けないって人は、そのガソリン代や移動時間を考えると、十分に採算が合うと思います。

ましてバスなどの公共機関を利用している人は十分元は取れるでしょう。

 

仮に歩いて行ける距離にあったとしても、缶ビールのセットやミネラルウォーターなど、飲料水は持って帰るのが大変だし、トイレットペーパーなどは大きさ的にかさばったりもします。

それがネットからの注文だと家まで配送してもらえるので、高齢者の方にも便利です。

一人暮らしをしているお子さんがいらっしゃる方に

大学進学や就職を機に、親元を離れ、一人暮らしを始める方も少なくありません。

親御さん、特にお母さんは何かと心配だし、食べ物や日用品とかを自宅から送りつけるなんてこともよくあるでしょう。

 

配送には宅配便などを利用すると思いますが、その送料がかかるのはもちろん、商品を買いに行って、それを自分でダンボールに詰めるといった作業が必要なわけですが、Amazonパントリーを利用すると、ネットで商品をカートに入れ、配送指定先を入力するだけでOKです。

商品代+390円でこれだけできれば、経済的にも時間的にもかなり楽じゃないですか。

>>amazonプライム・ビデオ 無料登録はこちらから

口コミ・評判・レビュー

仕事で都市部に出てきているため、近くに昔馴染みもいない、一人暮らしでの足の骨折。いままで食料品や日用品を通販で購入したことはなかったのでどうしたらいいものかと悩みました。

必需品としてお米やトイレットペーパーがまずいると思いましたが、通販だと送料が高く、特にお米とかは到着まで何日間かかるかもと思っていたときに、友人に教えてもらったのAmazonパントリーです。お米は翌日度とどいたほか、後日トリレットペーパーも注文。パントリーボックスに入れてもまだ 52% も空きがあったのいで洗剤と調味料、インスタント食品も併せて注文しました。注文した商品は 2 日後に到着しました。これで手数料 390 円ですから驚きです。

私は毎日残業で近所のスーパーやドラッグストアが営業している時間に帰ることができないので食品、日用品を購入にいつも困っていました。

しかしAmazonプライム会員になってパントリーを使うようになり、食品や日用品が切れて困ることがなくなり、今や我が家の救世主です。

東京で1人暮らしの息子にパントリーを使いました。都会に住んでいて、健康は大丈夫かとか心配してる中でアマゾンのパントリーは簡単に送れ、しかも健康のことも考えて自分で選べる。手軽だけど、親子の仲を深めてくれる便利で温かいサービスだと思います。

基本的な食料品は自分で調達しますが、地方在住でお菓子やジュースなどが手に入りづらい環境にあるため、ネットショッピングを以前から利用していました。ただ基本的には“箱買い”であり、当然一箱だと高く、そして食べきれない量を購入してしまうといったことが多かったです。

その点パントリーは、月毎に必要な量の分を調整して購入することができ、非常にコントロールが楽に。金銭的にも、腹部の膨らみ的にも非常にありがたいシステムです。

進学するにあたって、郊外からド田舎へ。コンビニまで徒歩30分ほどかかり、パテントリーをよく活用しています。カップ麺やお菓子などがコンビニと同程度か、少し安いくらいの値段で手に入ります。

送料がかかりますが、30~40個くらいの商品の手数料が390円なので、30分歩くよりは断然良いです。取り扱っている商品の種類が少なかったり、スーパーよりも単価が少し高いですが、私のような田舎の寮生には大助かりです。

Amazonパントリーで日用品の買い物は済ませています。普通に買い物に行くと片道15-30分はかかりますが、パントリーはその時間も節約できます。

引っ越しに際して、塩、砂糖から始まりケチャップ、マヨネーズなどの料理に必要な調味料を一式そろえる必要がありました。一個一個は小さくても一気に購入すると結構な荷物になるんですよね。地元なら、実家の車で近くのスーパーで買い出しに行くものの、引越し先では車がないため初めてAmazonパントリーを利用しました。

一度の配達で、買いたかった全ての調味料などをそろえることができ、大満足です。しいて、欠点をあげるなら、パントリーボックス使用率を100%に限りなく近づけたいという欲求のため若干無駄なものを買ってしまう危険性があることでしょうか。

 

Amazonパントリーの用途はいろいろでしたが、レビューを見ていると、 離婚し、奥さんと別れた男性が活用しているケース もよく見られました。

いずれにしても便利なサービスだと思います。

まとめ

Amazonパントリーを利用するには、Amazonプライムに参加する必要があります。

会費は月間400円(税込年間契約で3900円(税込)です。

 

入会すると映画・ドラマ・アニメなどの動画見放題サービスをはじめ、雑誌読み放題、お急ぎ便の配送料無料など、さまざまなサービスを受けられます。

※詳細については下の記事を参考にしてください。

>>Amazonプライムでできること。年間会費3900円は安すぎ!?

 

パントリーを定期的に利用するという方にとっては、それだけでも十分納得のいくサービス内容・価格だと思いますが、それにプラスして動画が見れたり、音楽が聴けたり、いろいろできるので、コストパフォーマンスはかなり高いです。

 

30日間の無料体験もあるので、興味のある方は、まずはそちらから始めてみてください^^

>>amazonプライム・ビデオ 無料登録はこちらから