平壌オリンピックで一躍時の人となったカーリングチーム LocoSolare(ロコソラーレ/LS北見)。

「そだねー」「モグモグタイム」に象徴されますが、とにかく見てるだけでほっこりするというか、なんか癒されますよね。

 

僕もファンになった一人ですが、ロコソラーレのことをいろいろ調べてたら、競走馬のウキヨノカゼと関連があることがわかりました。

カー娘とウキヨノカゼを結びつけるものとは・・・。

福島牝馬S勝ち馬ウキヨノカゼとカーリングLS北見の関係とは?

競走馬ウキヨノカゼ

ウキヨノカゼ

父 オンファイア

母 アドマイアダッシュ(母父フサイチコンコルド)

調教師 菊沢隆徳 (美浦)

馬主 國分純

生産者 ファニーフレンズファーム

産地 日高町

獲得賞金 1億8,320万円 (中央)

通算成績 21戦5勝 [5-1-1-14] 

主な勝ち鞍 クイーンC、キーンランドC、福島牝馬S

父親のオンファイアは、競馬をやったことない人も恐らく一度くらいは耳にしたことがあるであろうディープインパクトの1歳下の全弟です。

サンデーサラブレッドクラブにて総額1億5000万円で一口馬主が募集され(一口375万)、俳優の宮川一朗太さんもが一口所有していました。

 

デビュー間もなくケガで早期引退し、超良血を見込まれて種牡馬となったわけですが、その産駒の中の一頭がウキヨノカゼというわけです。

(にしても、母父がフサイチコンコルドだし、やたらと渋い血統です)

 

ちなみに、この生産牧場ファニーフレンズファームはミホノブルボンの生産牧場でもあるみたいですね。

ウキヨノカゼのLS北見との関係とは?


結論からいうと、馬主の國分純は「LS北見」の支援団体で、同チームのリード・吉田夕梨花さんが所属している医療法人社団「美久会」の理事長なんです。

 

上の藤澤五月・吉田知那美の両選手が写っているインスタグラムの写真を見たときに、え、どういう関係?と僕も思ったんですけど、 ウキヨノカゼのオーナーがLS北見のスポンサーでもあった んですね。

ソダネー、エガオノメガミがデビュー!?

この國分オーナー、ウキヨノカゼもそうですが、けっこう面白い馬名をいろいろ付けています。

面白馬名でいうと、ノアノハコブネ、エガオヲミセテ、オレハマッテルゼなどで有名な小田切有一オーナーが有名ですが、それに匹敵する感じで・・・

 

たとえば、こんな感じ。

カガヤクミナノユメ、カブキモノ、アイノカケハシ、ムテキノオジョウ、ニッポンダンジ、キタノカイダンジ、マナツノヨノユメ、イワヌガハナ、ミハテヌユメ、ドコグクカゼ、ラブフルーツなど。

 

で、今回のLS北見の活躍を受けて、今年デビューする2歳馬にソダネーと命名したそうです。

 

ちなみに、ソダネーのお母さんはカアチャンコワイ(笑)。

ソダネーは父シニスターミニスターで、美浦の小野次郎厩舎への入厩が決まっているそうです。

 

カー娘関連の馬名として、ソダネー以外にもエガオノメガミ、カーリングストーンも申請中だそうです。

カーリングストーンて(笑)。

 

にしても、ちょうど今はLS北見が大フィーバー中で、ソダネーの認可申請のタイミングは最高のタイミングでしたね^^



さいごに

エガオノメガミ、カーリングストーンの申請が通るのかも注目ですが、ソダネーの今後の走りが気になりますね。

 

もし出世して、重賞とかに出られるようになって、プレゼンターがLS北見の選手たちとかなったらまたドラマなんですけど、いずれにしても今後の活躍が楽しみです^^