ベテランのスリー・ピース・ロックバンド、ギターウルフのベースU.Gが今月脱退を発表。それにともない、U.Gのラストライブが企画されるとともに、新しいベーシストをバンドが募集するようです。

画像元=CINRA.NET

ギターウルフ・プロフィール

■活動期間 1987年~

■ジャンル ガレージロック、パンクロック

■メンバー

セイジ(1963年9月22日 – )ギター、ボーカル

UG(1985年7月14日 – )ベース

トオル(1969年8月29日 – )ドラムス

■旧メンバー

ビリー(本名: 関口 秀明、1967年1月8日 – 2005年3月31日)ベース、ボーカ。

 

昔、ギターウルフ、ベースウルフとか、担当楽器に「ウルフ」をつけて呼んでいましたが、最近はそれなくなったのかな。

ベースのビリー逝去後、新メンバーに

2005年3月31日、ベースのビリーが心不全により38歳で急逝。その後を引き継ぐカタチでU.Gが2005年にバンドに参加しましたが、今回スタッフ同士の話し合いの結果、脱退ということになったようです。

こちらの動画は、2001年HEY!HEY!HEY!出演時のもの。ビリーさんがガム吐き出すところが面白い(松ちゃんに「マナーウルフがなってないですよ」とつっこまれてますw)。立ちトーク後の楽曲は「環七フィーバー」。

 

U.Gのラストライブ

U.Gの脱退にともない、U.Gのラストライブも企画されているようです。

現在、U.Gの最後となるライブを計画しております。

日時・会場等、詳細が決定しましたら、ギターウルフホームページ、SNS等にてお知らせ致します。

※ギターウルフ公式HPより

ちなみに、現在ギターウルフはライブ休止中。昨年末に、なんば味園ユニバースにて行われた「宇宙戦艦ミソノFEVER」、その翌日に心斎橋Pangeaにて行われた「ジェット忘年会」の公演を最後に、しばらくお休みされるようです。

理由はボーカル・ギターのセイジの手術のため。2007年に手術をした股関節の再手術を今月受けるようで、その治療期間に当てられるようです。

 

セイジの手術で活動休止に

セイジのケガの詳細については、昨年12月に出演した「アウトデラックス」で詳しく語れました(簡単にまとめると、ライブ中にビール瓶をよく割る。オーストラリアでの公演中、その割れたビンで手の左手の腱を切った。指が動かなくなり病院で治療はしたけど、次の日またしても腱を切る。帰国後、病院に行くけも指が動くようになったので手術は止めにする)。

 

このエピソードには番組MCのマツコデラックス、矢部浩之も驚いていましたが、その語順調だったみたんですけど、近年どうやら不調になってきたみたいで、手術することになったようです。

 

同番組では、これ以外にも革ジャンを洗濯機で丸洗いし、最初はいいんだけどだんだん硬くなって着られなくなるといった話をはじめ、面白いエピソードがいろいろと語られました。

 

ギターウルフの新ベーシスト・募集要項

U.Gの脱退にもとづき、新ベースの募集が行われることになったわけですが、詳細がバンドのホームページに出ていましたので転載しておきます。

ギターウルフ

『新ベーシスト募集!海外でぶっ飛ばせる奴求む。』

【募集要項】

普通の履歴書プラス全体写真、身長、体重、血液型、ベースの経験の有無、

好きなバンド、バンド活動経験があればそれも記入の上ご応募下さい。

【資料送付先】

〒158-0093

東京都世田谷区上野毛4-35-12-905

SBT MUSIC

腕に覚えのある人、ギターウルフ好きの方はガンガン応募しべきじゃないでしょうか。

 

「ベース経験の有無」とあるので、もしかしたら素人の応募も視野に入れているのかもしれません。そうすると電気グルーヴのピエール瀧みたいなキャラになりそうで、それはそれで面白そうだけどギターウルフのイメージとはちょっと違ってしまいそうなので、ロックンロールなベーシストさん、バンドの言葉を借りると「海外でぶっ飛ばせる奴」、ぜひチャレンジしてみてください!