録画するだけして全然観ていなかった「ドキュメント72時間」。

昨年放送された分を時間があるときに視聴しているっている感じなのですが、この前観た「昭和歌謡に引き寄せられて」の回に、戸川純が大好きというインドネシアからの留学生が登場しいていました。

戸川純はデビュー35周年

舞台を新宿のディスクユニオン昭和歌謡館。昭和歌謡のレコードを求めて、若い人から高齢者の方、外国人まで、いろんな人がお店に足を運んでいました。

タイトルにも挙げたインドネシア人の女の子は、小学校の頃から日本に行きたいと憧れを抱いていたようで、その念願かなって現在は留学生として日本に来ているようです。

で、この日欲しかったコンサートブックがみつかった!と喜んでいるところをスタッフに誰のですか?と尋ねられたときに彼女が答えたのが、「ヤプーズの戸川純」。

まあ、特別戸川純の大ファンとかでもないんですけど、名前が出てきたらちょっと反応してしまいました。

 

戸川純といえば2016年12月、デビュー35周年。、「戸川純 with Vampillia」の名義で歌手活動35周年記念アルバム「わたしが鳴こうホトトギス」をリリースしたところで、現在その記念ライブが行われているところです。

 

このVampilliaってバンドがまたすごくて、天才ドラマー・吉田達也も参加してたりして、1月20日の大阪のライブ観に行こうかと友だちと言ってたりしたんですけど、なんやかんやで行けませんでした。

バンドの公式HPはこちら→http://vampillia.com/

ちなみに、吉田達也関連でいうと、復活したルインズのライブを2月2日のメトロに観に行きます!

このVampillia×戸川純のアーティストビジュアルを冨樫義博が書き下ろしたみたいで、こちらも興味深いですね→http://natalie.mu/music/news/215469

 

このインドネシアのおんな「蛹化の女(むしのおんな)」を好き曲に挙げていましたが、戸川純でいうと『極東慰安唱歌』に入っている「夢見る約束」好きです。

これ細野晴臣の曲ですが、細野さんが自分で歌ってるやつもいいんですよね(【細野晴臣 – 夢みる約束(ソノシート・ヴァージョン) 】https://www.youtube.com/watch?v=J7WlSSxiFKo)。

 

あとは「レーダーマン」とか「玉姫様」とかも昔聴いてたなあと思ってYouTubuをはしごしてみたら、「笑っていいとも」で歌ってる映像ありました。

カルメンマキ「空へ」

「ドキュメント72時間」の話やなくて戸川純の話になっとるやないけと自分でもちょっと思ったんで、話を戻します。

上述したインドネシアの女の子以外にも外国人の方が登場していて、パリから来たという彼はカルメン・マキを買い求めていました。

カルメン・マキはいいと思うけど、ツェッペリンとかディープ・パープルといっしょか?

もっというと、ツェッペリンとディープ・パープルいっしょにすんなよとかもあるけど、今時ネットでいくらでも聴ける時代なのに、わざわざ日本まで買い求めに来る彼の熱心さはいいなあと思いました。

【カルメン・マキ&OZ_】

放送日と岡田有紀子の符号

インタビューに答えたおじさんの一人が、岡田有紀子のファンで方がその思い出について語っておられるシーンがありました。

一ファンとして、本人が亡くなった後も30年間慕い続けているその姿勢にいろんな意味で驚かされましたが、番組放送日が2016年4月8日で、岡田有紀子さんの命日と同じでした(予断ですが、その岡田有紀子さんがお亡くなりになった1986年4月8日に沢尻エリカさんが生まれています)。

 

番組のラスト、最後のお客さんが買ったのが、こちらも10代で事故死したアイドル・高橋良明のレコード。

演出ではないんでしょうけど、岡田さんのくだりも含めて、なんだか切なく哀愁が漂う、まさに「昭和歌謡」な感じの幕切れでした。