清水富美加さんが、宗教団体「幸福の科学」への出家により、電撃的に芸能界引退をされるようです。大川隆法・幸福の科学総裁の著作「守護霊インタビュー」にも登場していた清水富美加さん。その真相に迫ってみたいと思います。

画像元:清水富美加オフィシャルブログより

清水富美加さんプロフィール

生年月日1994年12月2日(22歳)

出生地 東京都

身長 162 cm

血液型A型  

事務所 レプロエンタテインメント

NHK連続テレビ小説『まれ』の一子役をはじめ、数多くの映画、テレビドラマ、舞台などで活躍されていました。NHKの哲学をテーマにした番組にも出演されてて、そこでの自由奔放な感じの発言もけっこう好感度が高かったです。個人的な感想ですが。

幸福の科学への出家により芸能界引退

本日、同宗教法人の広報の方が清水富美加さんの出家を報告。

それによると、出家には伏線があり、現在所属している芸能事務所の「低賃金、意に沿わない労働が続き「死にたい」と両親らにこぼすようになり、医師の診断からもドクターストップがかけられた状態」だったという。

さらに、同広報担当者いわく「命の危険がある。限界に来ていた。体調が不安定。こういう場にも出席が不可能な状態。今月で事務所との契約は解除。体調が戻れば宗教家としての活動を行う」とのことで、法名・千眼美子(せんげんよしこ)が与えられたことも発表されました。

所属事務所の反応は?

現在のところ、上記の発表に対するコメントは出ていないようです。

ただ、「「低賃金、意に沿わない労働が続き」など、そのブラックぶりを指摘されているわけなので、そうでないなら当然のことですが、今後何かしらの反応はあるのではと思われます・

 

また、本日17時5分から放送される生番組「シブヤノオト」に出演予定でしたが、こちらは事務所から出演辞退の申し入れがあったようで、これ以外にもレギュラー番組や予定が入っていたと思いますが、事務所側はこらの対応にも追われることになるでしょう(違約金とかが発生しないのか、そのへんも気になります)。

幸福の科学とは?

入信している芸能人は?

日本発祥の宗教法人で、創始者は大川隆法氏。

1986年に誕生し、今では世界100カ国以上に会員組織がある大きな宗教団体となっています。

 

信者は全世界で1200万人以上いるといわれ、芸能界でも小川知子、布袋寅泰、今井美樹、阿藤快、原田真二、堺雅人、山下達郎、星野源(※敬称略)らが信者であると、ネット上で名前が挙がっています。

大川隆法代表の守護霊インタビュー

大川隆法総裁は数多くの書籍を上梓しており、その中に「守護霊インタビュー」シリーズがあり、歴史上の人物から芸能人をはじめ現代社会で活躍している有名人まで、その人たちの守護霊を呼び出し、代表がインタビューするというもの。

 

こちらは、舛添要一さん。政治資金問題でバッシングを受け、辞職に追い込まれた舛添さんの守護霊が弁明するという内容みたいです。

 

 

 

 

 

話題のトランプさんもインタビューされています。ちなみに、同書は「英語で収録された霊言に和訳を付けたもの」だそうです。

 

 

 

 

 

金正恩の本心にも直撃されています。

 

 

 

 

 

スポーツ選手も対象で、本田圭佑もブラジルワールドカップ直前にインタビューされています。

 

 

 

 

 

清水富美加さんの守護霊インタビューも今月上旬にリリースされています。<いま、「共演したい女優ナンバーワン」 若手個性派女優の知られざる素顔に迫る>と紹介文にありますが、この表記を見ると、この本をつくっているときは引退の話は出ていなかったのかもしれませんね。

 

 

 

 

公開されたメッセージの全文

ちなみに、下記が本日清水さんご本人が発表されたメッセージです。

ファンの皆様、関係者の皆様、友達、飲み友達、私と話したことがある人、知ってくれている人。突然に、本当に突然に、芸能界から姿を消して申し訳ありません。お世話になっていた現場や、共演者さん、スタッフさん、関わらせて頂いた方々にご迷惑をおかけしている事、しっかりと自覚しております。

しかし、約8年、このお仕事をさせていただきましたが、その中でお仕事の内容に、心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした。

なので今、出家したいと思いました。

私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました。

なんで、それで、出家することになるのか、皆さんにとっては、何もかもが意味不明だと思います。幸福の科学が、宗教が、出家というものが何なのか。「出家したい」と言ったら、マネージャーさんにも、「意味が分からない。やめてくれ」と言われました。無宗教の方が多い現代では、誰もがするであろう反応ということも分かっております。

それでも、神とか仏とか、あの世とか、確かめようのないもの、この目で見たこともないものを、私は信じ、神のために生きたいと思いました。出家を決意してからは、安定した生活が送れるようになっております。

皆様から見たら洗脳とも取れるであろうこの一連の出来事やこの約8年間で感じてきた素直な気持ちを、これから、偽りなく、明かしていきたいと思います。どうかこれからも温かい目で見守って頂ければ幸いです。本当に本当にありがとうございました。

2017年2月吉日

清水富美加

まとめ

けっこう好きな女優さんだったので、単純に残念という思いがありますが、宗教をはじめ、各人の主義・主張は自由なので、こればかりは仕方がありませんね。

ただ、急な引退だったようで、予定されていた仕事の後処理など、そのあたりが少し心配です。

 

あと、大川総裁の守護霊インタビュー、全部は無理だけど、ちょっと読んでみたくなりました。